月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

田中希実が3000m8分42秒66で快勝 「最低限のレースはできた」 /ホクレンDC深川


◇ホクレンディスタンス・チャレンジ深川大会

7月6日、ホクレンディスタンス・チャレンジ深川大会が行われ、女子3000mでオレゴン世界選手権代表の田中希実(豊田自動織機)が8分42秒66で優勝した。

先頭が1000mを3分01秒で通過する中、2番手につけていた田中は1500m地点からペースアップ。1000mから2000mを2分55秒で走り他の選手を引き離すと、ラスト1000mは2分46秒とさらにスピードを上げてゴールした。自身の持つ日本記録(8分40秒84)に迫る好タイムだった。

「ラストを大事にして、結果的にタイムがついてくればいいと思っていたので、日本記録は出なかったけど、45秒を切れたので最低限のレースはできた」と振り返った田中。今月2日の士別大会1500mに続く優勝に、15日から開幕する世界選手権の弾みとした。

また、同じレースでは細田あい(エディオン)が8分59秒62と自己初の8分台をマークしたほか、世界選手権女子3000m障害代表の山中柚乃(愛媛銀行)も9分13秒06の自己新を出した。

このほか、女子10000mでは大森菜月(ダイハツ)が32分47秒72で優勝を果たし、東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が32分52秒04で2位に入った。男子では5000mで清水颯大(大塚製薬)が自己ベストの13分34秒71で日本人トップの2位。男子10000mはB.コエチ(九電工)が27分12秒72でトップだった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com