月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界陸上代表 小池祐貴「200mは誰にでもチャンスある」110mH泉谷「自分のレースを」リレー代表・御家瀬も意気込む/世界陸上


7月15日に開幕するオレゴン世界選手権を前に、住友電工が所属選手の代表会見を開いた。会見には男子200mと4×100mリレーの小池祐貴、同110mハードルの泉谷駿介、女子4×100mリレーの御家瀬緑が出席。世界選手権への意気込みを語った。

昨年の東京五輪は100mで出場した小池は「久しぶりに200mに専念して調整している」。日本歴代8位の20秒23をマークし、アジア大会優勝の実績もある。ただ、それはいずれも2018年。近年は「良い感触で走れていない」。理想とする走り、形やストライド、ピッチなど客観的な数値を気にするあまり、「気持ち良い走りができていなかった」という。

そこで、「高校生の時のように、じゃないですがスタートしたら思いっきり走る」と原点回帰。がむしゃらに、力強くフィニッシュしながらアジアを制した時のような走りが「しっくりくる」と話す。

実力差が出やすい100mと比較して、「シーズンベストやランキングでは世界と差がありますが、200mはスタートラインに立ったら誰にでもチャンスはある種目」と小池。オレゴン・ユージンは2014年の世界ジュニア選手権で出場した思い出の地であり、春先に何度も遠征して走っている場所でもある。

「自己記録に挑戦するのが大切。予選、準決勝と力を発揮したい」。4年ぶり自己新の走りを米国で見せる。

110mハードルで13秒06の日本記録を持つ泉谷。今年はシーズン早々に足首を捻挫した影響もあり試合数を制限せざるを得なかった。それでも日本選手権できっちり勝って代表に内定。「準決勝で13秒1~2台」でのファイナル進出が目標となる。

19年ドーハ世界選手権でも代表入りしたものの、直前に肉離れしたため棄権と悔しさを味わった。昨年の東京五輪では「1、2台目と後半も(ハードルに)ぶつけて転倒しかけた」と、わずかに決勝に届かず。そういった経験も踏まえて「自分のレースをする」ことに集中する。

海外勢との差は「経験」と語る泉谷。2年後のパリ五輪も見据え、世界との差を埋めるたにオレゴンでの“ファイナル”を目指す。

御家瀬は2018年アジア大会の4×100mリレーで代表入りして以来の日本代表。「当時と比べても今のほうが自身を持ってレースに臨めています」と自身も成長を感じている。女子短距離は個人での出場者はいない。「個人では世界との差はありますが、走ると決まったらメンタルの勝負。リレーでは萎縮せずに堂々と走りたい」と意気込みを語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com