月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

いざ、オレゴンへ!東京五輪DNFのリベンジに向け新生・リレー代表が挑む「メダルを狙う」/世界陸上


オレゴン世界選手権の男子短距離合宿が7月1日に都内で公開され、すでに渡米しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)を除く、男子4×100mリレー、4×400mリレー、男女混合4×400mリレーの代表が練習に参加し、その後取材に答えた。

昨年の東京五輪4×100mリレーで途中棄権に終わった日本。そのメンバーからオレゴン世界選手権の代表入りしたのは小池祐貴(住友電工)ただ1人となった。今回合宿に不参加だったサニブラウンは代表経験を持つが、坂井隆一郎(大阪ガス)、上山紘輝(住友電工)、鈴木涼太(スズキ)は初代表。昨年の五輪補欠だった栁田大輝(東洋大)を加え、フレッシュな顔ぶれとなった。

「世代的に下のほうだったのが、一番上になって不思議な感覚。まだ27歳ですが年を取ったなと感じます」と笑う小池。バトンジョグでは他の選手たちに「頭を下げると(失敗の)リスクが高まるから余裕がある時は高いところから見下ろすようにしたほうがいいよ」とアドバイスする姿も。「このメンバーの中ではキャリアもあるほうなので、どんな時にミスが起こるかや、データの数値的な部分など、自分が最初疑問に思っていたところを伝えられれば」と語る。

そういった姿勢に、初出場の上山も「どうやって合宿に入ったらいいかというところも小池さんがリードしてくださった」と言う。昨年の五輪メンバーからは1人だけだが、リベンジの思いは「変に出しはしない」と小池。それよりも「このメンバーでしっかり走って、バトンをつないでどこまで行けるのかが楽しみ」と語る。

ミーティングでは「意識共有した」とし、「メダルを狙うというのが一番大事。行けるぞと思いながら明日からのバトン練習をできると思う」と小池。「まだ僕は世界大会でのメダルを取っていないのでパフォーマンスを発揮して貢献できれば」と意気込みを語る。

個人では200mで出場。ワールドランキングでの切符獲得に「過去のポイントなのでラッキーだった」。世界選手権では「理想の数値を追ってきたが、どういう走りをしたら気持ちがいいかを突き詰めていきたい。納得のいく走り、感覚ができるかが大事。今季のベストの状態に持って行ける手応えがある」と力強く語った。

布勢スプリントで10秒02をマークした坂井は、100mとリレーに出場予定。初代表合宿に「初めてで不安もありましたが、和やかな雰囲気で世界選手権に望めます」と笑顔を見せる。昨年は世界リレー(3位)も経験済みで、「日本のリレーのノウハウは学べました」と話す。

持ち味は「スタートから中盤」の加速局面。100mでは「9秒台と一つでもラウンドを重ねること」が目標で、1走に名乗りを上げるリレーでは「世界でも通用するような1走になれれば」と、ロケットスタートを切るつもりだ。

18歳で代表入りした栁田。日本選手権では堂々の3位に入ったが、個人で代表入りができなかった悔しさもにじませていた。上山が「経験豊富な栁田くん」と言うほど、堂々としたもの。それに対して「そう思われているのはうれしいです。だからこそそう思われるような振る舞い、走りをしたい」と栁田。昨年の東京五輪も同行したが「いまいち雰囲気もわからず、勉強するつもりだった」が、今回は「自分がやってやるぞ、という気持ちで臨んでいます」と心境を明かす。走順については「こだわりはない」と持ち味のストライドを生かして勝負をかける。

200mの上山は「個人で自己ベストを更新する」と目標を掲げ、リレーでは「大学から3走をやっている。希望しますが、任された区間を走りたい」と決意を述べた。また、鈴木は「世界リレーで組んでいて世代も近い選手がいていい雰囲気」と語る。本番に向けて「前半が持ち味。リレーでは2、4走を多くやっているので走れたらいいなと思います」と語った。

16年リオ五輪、17年ロンドン、19年ドーハでの世界選手権と続いてきた世界大会の連続入賞がストップした日本男子4継。新たな顔ぶれでどんなリレーを見せて世界と対峙するのか。日本の底力が試される時が来た。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com