月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子800m日本記録保持者の川元奨、源裕貴が日本選手権欠場 東京五輪代表の鶴田玲美は200mに専念


日本陸連は6月9日から始まる第106回日本選手権のエントリーリストを更新し、あわせて大会の欠場者も発表した。

男子800mでは1分45秒75の日本記録を持つ川元奨(スズキ)と源裕貴(NTN)がともに欠場。この種目ではすでに田母神一喜(lllF)なども欠場を発表しており、レースでは混戦が予想される。

男子200mで20秒59のベストを持つ井本佳伸(東京ガスエコモ)と男子400mハードルのリオ五輪代表・野澤啓佑(チームミズノ)も出場を取り止めたほか、5月の関東インカレ男子走幅跳に1年生優勝を飾った舞永夏稀(日大)も欠場届を提出した。このほか、長距離では5000mの吉居大和(中大)と3000m障害の阪口竜平(On)も欠場する。

女子では昨年の東京五輪4×100mリレーでアンカーを務めた鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は100mを欠場して、200mに専念。5000mの矢田みくに(熊本陸協)、岡本春美(ヤマダホールディングス)もエントリーを取り止めている。

■主な欠場選手(6月1日までに発表された選手を含む)
男子
100m
ケンブリッジ飛鳥(Nike)
樋口陸人(スズキ)
200m
井本佳伸(東京ガスエコモ)
鈴木碧斗(東洋大)
重谷大樹(東洋大)
400m
池田弘佑(あすなろ会)
800m
源裕貴(NTN)
川元奨(スズキ)
田母神一喜(lllF)
村島匠(TWOLAPS)
兵藤ジュダ(東海大)
1500m
遠藤日向(住友電工)
5000m
吉居大和(中大)
藤本珠輝(日体大)
400mH
野澤啓佑(チームミズノ)
3000mSC
阪口竜平(On)
走幅跳
鳥海勇斗(日大)
舞永夏稀(日大)
女子
100m
大石沙也加(セレスポ)
田路遥香(中央大)
鶴田玲美(南九州ファミリーマート)
200m
井戸アビゲイル風果(甲南大)
大石沙也加(セレスポ)
田路遥香(中央大)
800m
山口真実(九州共立大)
平野綾子(関彰商事)
5000m
ナオミ・ムッソーニ(ユニバーサルエンターテインメント)
矢田みくに(熊本陸協)
和田有菜(日本郵政グループ)
岡本春美(ヤマダホールディングス)
小坂井智絵(日本郵政グループ)
100mH
藤森菜那(ゼンリン)
砲丸投
大野史佳(埼玉大)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com