HOME 国内

2022.06.07

男子800m日本記録保持者の川元奨、源裕貴が日本選手権欠場 東京五輪代表の鶴田玲美は200mに専念
男子800m日本記録保持者の川元奨、源裕貴が日本選手権欠場 東京五輪代表の鶴田玲美は200mに専念


日本陸連は6月9日から始まる第106回日本選手権のエントリーリストを更新し、あわせて大会の欠場者も発表した。

男子800mでは1分45秒75の日本記録を持つ川元奨(スズキ)と源裕貴(NTN)がともに欠場。この種目ではすでに田母神一喜(lllF)なども欠場を発表しており、レースでは混戦が予想される。

男子200mで20秒59のベストを持つ井本佳伸(東京ガスエコモ)と男子400mハードルのリオ五輪代表・野澤啓佑(チームミズノ)も出場を取り止めたほか、5月の関東インカレ男子走幅跳に1年生優勝を飾った舞永夏稀(日大)も欠場届を提出した。このほか、長距離では5000mの吉居大和(中大)と3000m障害の阪口竜平(On)も欠場する。

女子では昨年の東京五輪4×100mリレーでアンカーを務めた鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は100mを欠場して、200mに専念。5000mの矢田みくに(熊本陸協)、岡本春美(ヤマダホールディングス)もエントリーを取り止めている。

■主な欠場選手(6月1日までに発表された選手を含む)
男子
100m
ケンブリッジ飛鳥(Nike)
樋口陸人(スズキ)
200m
井本佳伸(東京ガスエコモ)
鈴木碧斗(東洋大)
重谷大樹(東洋大)
400m
池田弘佑(あすなろ会)
800m
源裕貴(NTN)
川元奨(スズキ)
田母神一喜(lllF)
村島匠(TWOLAPS)
兵藤ジュダ(東海大)
1500m
遠藤日向(住友電工)
5000m
吉居大和(中大)
藤本珠輝(日体大)
400mH
野澤啓佑(チームミズノ)
3000mSC
阪口竜平(On)
走幅跳
鳥海勇斗(日大)
舞永夏稀(日大)
女子
100m
大石沙也加(セレスポ)
田路遥香(中央大)
鶴田玲美(南九州ファミリーマート)
200m
井戸アビゲイル風果(甲南大)
大石沙也加(セレスポ)
田路遥香(中央大)
800m
山口真実(九州共立大)
平野綾子(関彰商事)
5000m
ナオミ・ムッソーニ(ユニバーサルエンターテインメント)
矢田みくに(熊本陸協)
和田有菜(日本郵政グループ)
岡本春美(ヤマダホールディングス)
小坂井智絵(日本郵政グループ)
100mH
藤森菜那(ゼンリン)
砲丸投
大野史佳(埼玉大)

日本陸連は6月9日から始まる第106回日本選手権のエントリーリストを更新し、あわせて大会の欠場者も発表した。 男子800mでは1分45秒75の日本記録を持つ川元奨(スズキ)と源裕貴(NTN)がともに欠場。この種目ではすでに田母神一喜(lllF)なども欠場を発表しており、レースでは混戦が予想される。 男子200mで20秒59のベストを持つ井本佳伸(東京ガスエコモ)と男子400mハードルのリオ五輪代表・野澤啓佑(チームミズノ)も出場を取り止めたほか、5月の関東インカレ男子走幅跳に1年生優勝を飾った舞永夏稀(日大)も欠場届を提出した。このほか、長距離では5000mの吉居大和(中大)と3000m障害の阪口竜平(On)も欠場する。 女子では昨年の東京五輪4×100mリレーでアンカーを務めた鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は100mを欠場して、200mに専念。5000mの矢田みくに(熊本陸協)、岡本春美(ヤマダホールディングス)もエントリーを取り止めている。 ■主な欠場選手(6月1日までに発表された選手を含む) 男子 100m ケンブリッジ飛鳥(Nike) 樋口陸人(スズキ) 200m 井本佳伸(東京ガスエコモ) 鈴木碧斗(東洋大) 重谷大樹(東洋大) 400m 池田弘佑(あすなろ会) 800m 源裕貴(NTN) 川元奨(スズキ) 田母神一喜(lllF) 村島匠(TWOLAPS) 兵藤ジュダ(東海大) 1500m 遠藤日向(住友電工) 5000m 吉居大和(中大) 藤本珠輝(日体大) 400mH 野澤啓佑(チームミズノ) 3000mSC 阪口竜平(On) 走幅跳 鳥海勇斗(日大) 舞永夏稀(日大) 女子 100m 大石沙也加(セレスポ) 田路遥香(中央大) 鶴田玲美(南九州ファミリーマート) 200m 井戸アビゲイル風果(甲南大) 大石沙也加(セレスポ) 田路遥香(中央大) 800m 山口真実(九州共立大) 平野綾子(関彰商事) 5000m ナオミ・ムッソーニ(ユニバーサルエンターテインメント) 矢田みくに(熊本陸協) 和田有菜(日本郵政グループ) 岡本春美(ヤマダホールディングス) 小坂井智絵(日本郵政グループ) 100mH 藤森菜那(ゼンリン) 砲丸投 大野史佳(埼玉大)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top