月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

アジア大会代表の細谷恭平「切り替えてスピードを磨きたい」イベントで今後に言及


アシックスのイベントにゲストとして参加した細谷恭平(黒崎播磨、右から2人目)。中央はアシックスの廣田康人代表取締役社長CEO兼COO、その左は高橋尚子さん

アシックスの新作レーシングシューズ「メタスピード+」シリーズのローンチイベントが6月7日に都内で行われ、延期が発表されたアジア大会(当初は中国・杭州で9月に開催予定)の男子マラソン代表の細谷恭平(黒崎播磨)がゲストとして登場した。

3月の東京マラソンを欠場し、今季は5月下旬からトラックの5000mに2試合出場している。「アジア大会は残念ですが、切り換えて7月のトラックレースで自己記録の更新を狙っています。マラソンはスピード化が進んでいるので、トラックで結果を残して、その先に進んでいけたらと思っています」と今後の展望を明かした。

かねてから公言しているマラソンの日本記録更新についても意欲を見せつつ、「まだマラソンの経験が少ないので(3回)、暑い中のレースとか、もっと経験を積んで引き出しを増やして世界に羽ばたきたい」と秋以降のマラソン出場に含みを持たせた細谷。「このシューズを使って世界との差を少しでも埋めていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com