月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

七種ヘンプヒル恵5年ぶり4度目V、十種は奥田が初制覇 中村4位、右代5位/日本選手権混成成績


◇日本選手権・混成競技(6月4日、5日/秋田県営)

第106回日本選手権・混成競技が6月4日、5日の2日間、秋田で初めて開催された。

女子七種競技はヘンプヒル恵(アトレ)が自己4番目の5872点で優勝。15年から3連覇していたヘンプヒルは5年ぶり4度目の頂点だった。ヘンプヒルは2年前の日本選手権で膝を痛め、一時は引退もよぎったが復帰して再び日本に返り咲いた。昨年まで4連覇だった山﨑有紀(スズキ)が5696点で2位。5571点で大玉華鈴(日体大SMG)が3位に入り、4位の熱田心(岡山陸協)は日本歴代10位の5517点をマークしている。

男子十種競技は奥田啓祐(第一学院高教)が7626点で優勝した。奥田は100m10秒82、400m48秒28をマークして初日はトップ通過。苦手とする2日目にもしっかりムラなく終えた。奥田は主要大会初タイトル。2位に7518点で片山和也(烏城塗装工業)が続き、初日2位だった田上駿(陸上物語)はやり投で肘を痛めるなどした影響が響いて7442点の3位。昨年まで2連覇の中村明彦(スズキ)は4位で「また金メダルを取りたい」と王座奪還に意気込む。5位(7368点)の右代啓祐(国士舘クラブ)が入った。

併催のU20日本選手権では、男子十種は初十種の横内秀太(四国学院大)が6690点、女子七種は高2の林美希(中京大中京高・愛知)が5018点で制している。

◇日本選手権・混成競技 上位成績
・男子十種競技
7626点 奥田啓祐(第一学院高教)
7516点 片山和也(烏城塗装工業)
7442点 田上 駿(陸上物語)
7389点 中村明彦(スズキ)
7368点 右代啓祐(国士舘クラブ)
7195点 森口諒也(東海大院)
7020点 別宮拓実(ビッグツリー)
6962点 前川斉幸(中京大)
・女子七種競技
5872点 ヘンプヒル恵(アトレ)
5696点 山﨑有紀(スズキ)
5571点 大玉華鈴(日体大SMG)
5517点 熱田 心(岡山陸協)
5405点 田中友梨(至学館大)
5135点 梶木菜々香(中大)
5104点 萩原このか(とらふぐ亭)
5080点 中村雪乃(東女体大AC)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com