月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

洛南が両リレーで好発進!三段跳で宮尾が15m84の大会新/IH京都府大会

5月上旬から高校生たちによるインターハイ予選がスタートし、全国各地で熱戦が続いている。

京都府大会は6月3日から5日までの3日間、たけびしスタジアム京都を舞台に有観客で実施され、男子総合でインターハイ「V10」を目指す洛南勢を中心に好記録が誕生した。

記録的に目を引いたのは、大会初日の予選から40秒17の今季高校最高をマークした4×100mリレー(田村莉樹3年・津田伊万2年・山本嶺心3年・大石凌功3年)。翌日の決勝では、当日に津田、山本、大石の3人が200mを兼ねていたことなどもあって40秒31にとどまったものの、こちらも予選から40秒台を連発した2位・乙訓を寄せ付けなかった。

「まずは近畿に進むことが第一。タフなスケジュールだったので、今季このメンバーでリレーを走るのは初めてだったので安全バトンで臨みました。近畿ではタイムをもっと縮め、全国に備えたい」とアンカーを務めた主将の大石は言う。

昨秋1、2年生メンバーだけで39秒97をマークした際、「来年は高校記録(39秒57)を更新してインターハイ連覇」を誓い合った。40秒01の大会記録の更新は逃したものの、目標に向けて好スタートを切った。

400mVの山﨑琉惟(3年)を1走に起用し、津田、田村、山本とつないだ4×400mリレーでも独走のなか3分11秒99の大会新記録をマーク。

「(3分)11秒台が目標だったので、それをクリアできて良かった。いい流れをつくれた」と1走を担った山﨑。400m専門は山﨑のみだが、100mと200mで全国でも活躍が期待される面々がそろっており、「ほとんどラップタイムが変わらないので、今回走らなかったメンバーも含め、常に競い合いながら取り組んでいます」と山﨑。4×100mリレーとともに、こちらも高校記録(3分08秒32)を更新しての4度目の全国制覇に標準を合わせている。

個人では、三段跳でインターハイ連覇を目指す宮尾真仁(3年)が最終6回目に高校歴代4位タイの15m84(+1.0)を跳び、先輩の野﨑千皓が持っていた大会記録(15m77)を7年ぶりに更新。「6回目の前に柴田(博之)先生から、『大会記録をいつまで残しておくつもりや』と発破をかけられ気合が入りました。今季3試合目でようやく少しずつ跳躍がまとまり出し、成長したスピードを生かした跳躍ができるようになってきました」と振り返る。

個人種目では唯一の大会記録更新となり、男子MVPも獲得。「近畿で16m台に乗せ、全国では高校記録(16m10)を更新して連覇が目標」ときっぱり。野﨑に続く史上4人目のインターハイ連覇に向け、順調な滑り出しとなった。

洛南勢は他にも3000m障害で3人が8分台をマークし1~3位を独占したのをはじめトラック12種目中9種目を制し194点を挙げ男子総合42連覇を達成するなど活躍が光った。

女子では、西京の児島柚月(3年)が100m・200m・400mを制し女子では史上3人目となるスプリント3冠を成し遂げ、チームの総合7連覇に貢献。タイムもそれぞれ11秒87(+0.4)、24秒52(-2.5)、55秒44と高水準で、「近畿でも3冠を目指しがんばりたい」と目を輝かせた。

強豪が集う近畿大会は6月16日から19日までの4日間、奈良鴻ノ池陸上競技場で激戦を繰り広げる。

文/花木 雫

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com