月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権男子10000m1~3位相澤、伊藤、市田がオランダで世界選手権標準挑戦も突破ならず


6月5日(現地時間)に行われた世界陸連コンチネンタルツター・ゴールド「FBK Games」(オランダ・ヘンゲロ)の男子10000mに、5月の日本選手権1~3位の相澤晃(旭化成)、伊藤達彦(Honda)、市田孝(旭化成)が参戦。オレゴン世界選手権参加標準記録27分28秒00の突破を目指したが、相澤が28分17秒41(13位)、市田が28分26秒23(14位)、伊藤が28分39秒38(15位)にとどまった。

標準を突破できれば世界選手権代表に即内定する立場だったが、それには遠く及ばず代表入りは厳しい状況となった。

日本勢の同種目標準突破者は、昨年12月に日本歴代2位の27分23秒44をマークした田澤廉(駒大)ただ1人。日本選手権では10位にとどまったため、日本選手権9位以内の選手のうち有効期限(6月26日)内に突破者が3人出なければ代表に決まる。

エチオピアの世界選手権代表選考を兼ねた同レースを制したのは東京五輪金メダルのセレモン・バレガ(エチオピア)で、26分44秒73の自己新。4位までが26分台のハイレベルとなった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com