月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

相澤晃が2年ぶりV 後輩・遠藤の走りに刺激 「標準記録を切るための好材料」/日本選手権10000m


◇日本選手権10000m(5月7日/国立競技場)

5月7日に国立競技場で開催された日本選手権男子10000mで、相澤晃(旭化成)が27分42秒85で2年ぶり2度目の優勝を果たした。

オレゴン世界選手権の代表選考も兼ねているこのレース。資格記録の良い選手が集まった2組は20時24分にスタートした。気温19度、湿度81%とやや蒸し暑いコンディション。オープン参加のクレオファス・カンディエ(三菱重工)とロジャース・ケモイ(愛三工業)の2人が交代でペースをつくり、レースを進めた。相澤は集団の中ほどに位置を取り、日本人のトップは目まぐるしく変わったが、相澤はなかなか前には出ていかない。

先頭集団と相澤がいる第2集団が離れたタイミングもあったが、中盤で1周のペースが70秒ほどに落ちた。6000m手前で相澤は田澤廉(駒大)、伊藤達彦(Honda)らとともに先頭に追いつき、大きな集団を形成した。残り3周となったところでペースを上げ、先頭はカンディエ、ケモイ、相澤の3人に。そのままペースを落とすことなく、最後は「1」を掲げてゴールした。

「気温はそれほど高くなかったんですけど、蒸し暑い中のレースで前半からきつかったです。なかなか前に行くことができなかったんですけど、中盤しっかり粘って後半先頭についていって、最後まで押していけたというのは、自分にとって次の大会で標準を切るための好材料だったと思います」とレースを振り返った相澤。昨年の日本選手権10000mで優勝した伊藤をライバルと考えてしっかりマークしつつ、先頭との距離を確認しようと思いながら走っていたため、前半は自重してしまったという。

日本選手権ではオレゴン世界選手権の派遣標準記録(27分28秒00)を切ることはできなかった。6月22日にホクレン・ディスタンスチャレンジの20周年記念大会が開催されるが、ここが標準突破に向けて最後のチャンスになる。「どんなにキツくても、タイムを狙って、タイムを追って走れればいいと思います」という相澤。ここからもう一段階いい練習ができれば、自らの持つ日本記録(27分18秒75)を更新し、27分10秒ぐらいは出せるという感覚があるという。練習自体はしっかりできているが、昨年の東京オリンピック、八王子ロングディスタンスと、ここぞというところでピーキングが合わないという大会が続いた。そこをしっかり調整してホクレンに臨んでいきたいと話す。

東京五輪と同じ国立競技場でのレース。しかし五輪は無観客だったたため、この会場で観客の応援を受けて走る初めてのレースとなった。「応援してくださる方の気持ちがすごく伝わってきたので、応援の力もあって最後まで走り切れたと思います」と感謝の言葉を口にした。

5月4日のゴールデンゲームズinのべおかでは、福島・学法石川高時代の後輩である遠藤日向(住友電工)が5000mで13分10秒69の日本歴代2位で走り、世界選手権の派遣標準記録(13分13秒50)も突破した。インターネットのライブ配信で遠藤の走りを見ていたという相澤は「彼の走りや涙にくるものがあった」といい、自分も遠藤に続けるような走りができればと考えていた。それだけに「標準を切ることができなかったのですごく悔しい」。日本記録保持者のプライドも胸に、6月のラストチャンスでオレゴン内定をしっかりと決めたい。

文/藤井みさ

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com