月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

十種競技の大器・丸山優真が覚醒間近の7807点!胸椎分離症を克服8000点は「やるべきことをすれば出る」/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念が行われ、男子十種競技は丸山優真(住友電工)が日本歴代5位となる7807点で優勝した。

大きな痛み、不安がなく十種競技を終えたのはいつぶりだろうか。「めっちゃきついです」と話す丸山の表情は充実感と達成感であふれていた。

初日は400mで自己ベストの48秒96をマークするなど、4071点のトップで折り返した丸山。2日目の得意とする110mハードルでも14秒13(+1.2)をマークして勢いに乗ると、砲丸投で右手を痛めた影響が心配された棒高跳でも4m50をクリアした。最後は歯を食いしばって1500mでフィニッシュ。優勝を決めると194cmの大きな身体を目一杯広げて、地元・大阪で「王座」に就いた喜びを表した。

「モチベーションを保つのが難しい時もありました。ここまで戻ってこられるかわからなかった」

早くから『大器』の呼び声が高かった。信太高時代には八種競技で驚異的な高校記録6214
点を樹立。日大に進学してからも1年目でU20規格のU20日本記録7790点をマークした。だが、悲劇は突然にやってくる。

2019年の日本選手権で背中に強烈な痛みが襲う。胸椎椎間板ヘルニア(分離症)を発症。日常生活に支障をきたす可能性もあるほどの重病だった。手術をせずに自然治癒を選択。以降はピラティスなど身体の土台を作れるものは何でも試したという。走ることもできず、リハビリの日々が続いた。

20年の日本インカレで復帰し、昨年の日本選手権でも背中だけではなくさまざまな部分で痛みを抱えながらなんとか10種目を戦い抜いたが7484点で4位。その後は、今季に至るまで100m東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)らとともにスプリント練習に励んだ。臼井淳一コーチは、走幅跳・走高跳のレジェンドでもある。「以前とは動きや感覚が違う。タイムを見てここまで変わっているんだと実感しました」と手応えをつかんだ。

苦しい時期を乗り越えて戻ってこられたのは、「昔からオリンピックを目標にしてきたから」。高校時代から「十種競技のウサイン・ボルトになる」と何度も公言してきた。久しぶりにやりきってなお8000点には届かず、「十種競技の難しさを感じた」。それと同時に、十種競技でしか得られない楽しさ、喜びも改めて実感したことだろう。

「やるべきことをすれば8000点は出ると思います。日本選手権で8000点に乗せたいと思います」

表彰では役員を務めていた顔見知りの先生たちからも拍手を浴びた。あと1ヵ月ほどで24歳。いつまでも『若手』のままじゃない。覚醒し、日本のキング・オブ・アスリートとなる準備が整った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com