月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

川野将虎 今季世界最高の2時間26分40秒 終盤の逆転劇で世界選手権代表/日本選手権35km競歩


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

第106回日本選手権35km競歩・第61回全日本競歩輪島大会は4月17日、石川県輪島市の道の駅輪島ふらっと訪夢前往復コースで行われ、男子35kmは昨年の東京五輪50km6位の川野将虎(旭化成)が、オレゴン世界選手権派遣設定記録(2時間30分00秒)を突破する2時間26分40秒で優勝。世界選手権代表に内定した。

昨年まで実施されていた50kmの日本記録(3時間36分45秒)保持者・川野が最終盤でレースをひっくり返した。序盤から20kmで世界選手権代表に内定している松永大介(富士通)が飛び出し、最初の1kmは3分53秒と20km並みのスピードで突っ込む。その後も派遣設定記録(1km平均4分17秒)を上回るペースで展開。一方の川野は、丸尾知司(愛知製鋼)や野田明宏(自衛隊体育学校)とともに2位集団で進めた。

20km時点で先頭の松永と1分34秒差まで開いた2位集団だったが、ここから徐々に追い上げる。25kmで1分16秒差だったが、ここから川野が一気に差を詰めて、野田を振り切り、30kmでは18秒差。32kmあたりでついに松永をとらえて抜き去った。

川野は「最低限の目標は達成した。(酒井)瑞穂コーチや(練習拠点の)東洋大、所属先の旭化成と多くの方のおかげで世界選手権代表をつかむことができた」と話した。

2位の松永は2時間27分09秒、3位には野田が2時間27分18秒で入り、4位は丸尾で2時間29分19秒と、上位4人が派遣設定記録を突破した。

国内で初めて35kmが実施された今大会。最も良い記録は今後日本記録の可能性があるものの、すぐには日本記録にはならず、ルール上「日本最高記録」の扱いとなる。競技会規則では「新しい種目が加わった時、および記録の扱い方が変更になった場合には、その年に出されたもっともよい記録を日本記録として扱う」となっている。

■男子35km上位成績
川野 将虎(旭化成) 2.26.40
松永 大介(富士通) 2.27.09
野田 明宏(自衛隊体育学校) 2.27.18
丸尾 知司(愛知製鋼) 2.29.19
勝木 隼人(自衛隊体育学校) 2.30.41
高橋 和生(ADワークスグループ) 2.31.26
伊藤 佑樹(サーベイリサーチセンター) 2.31.38
荒井 広宙(富士通) 2.32.51

タグ:

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com