月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子20kmは藤井菜々子1時間29分29秒、岡田久美子1時間29分31秒でそろって世界選手権代表へ/日本選手権35km競歩


第106回日本選手権35km競歩・第61回全日本競歩輪島大会は4月17日、石川県輪島市の道の駅輪島ふらっと訪夢前往復コースで行われ、女子の20km特別レースは、東京五輪代表の藤井菜々子(エディオン)がオレゴン世界選手権派遣設定記録(1時間30分00秒)を突破する1時間29分29秒で歩き、トップでフィニッシュ。2番手の岡田久美子(富士通)も1時間29分31秒で続き、2人そろって世界選手権代表に内定した。

女子特別レースの出場者は藤井と岡田の2人のみ。派遣設定記録を破るため、1km4分30秒を切るペースでレースは進んだ。通過タイムは5km22分25秒、10km44分52秒、15km1時間07分17秒。終盤に藤井がスパートして先行したが、岡田もそれほど引き離されずに粘った。

自己2番目のタイムでフィニッシュした藤井は「3月の世界競歩チーム選手権からの調整方法でわからないところもあったけど、派遣設定記録を突破するレースができてうれしい」と語り、岡田は「ほっとしているところ。藤井さんがペースを作ってくれて心強かった。4月から所属先が変わったが、サポートしていただいた方に感謝したい」と言葉を弾ませた。

■女子20km特別レース成績
藤井菜々子(エディオン) 1.29.29 
岡田久美子(富士通) 1.29.31

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com