月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

園田世玲奈が初の日本代表へ 派遣設定突破の2時間45分48秒でV/日本選手権35km競歩


第106回日本選手権35km競歩・第61回全日本競歩輪島大会は4月17日、石川県輪島市の道の駅輪島ふらっと訪夢前往復コースで行われ、女子35kmは実業団4年目の園田世玲奈(NTN)が2時間45分48秒でV。オレゴン世界選手権の派遣設定記録(2時間51分00秒)を突破して世界選手権代表に内定した

園田が終始、その強さを見せた。スタートから先頭に立ち、派遣設定記録よりも速いペース(1km4分53秒)で進む。5km24分08秒、10km48分03秒。ここから2位以降と大きく差を広げていき、15km(1時間11分43秒)では2位に1分00秒差をつけた。その後も20km1時間35分19秒、25km1時間58分48秒、30km2時間22分19秒と勢いは衰えない。そのまま単独歩で派遣設定記録から5分以上早くフィニッシュした。

25歳の園田は滋賀県出身。草津東高から中京大を経て、19年にNTNに入社した。高校時代は14年インターハイ5000m競歩で9位と惜しくも入賞を逃している。大学時代は4年時の18年に10000m競歩で日本学生個人選手権優勝、日本インカレ2位の成績を残した。この年から50km競歩にも取り組み、全日本競歩高畠大会で優勝。この時のタイム(4時間29分45秒)が学生最高記録として残っている。これまで大会では上位に顔を出しているものの、日本代表の経験はない。

今シーズンは3月20日の全日本競歩能美大会20kmで1時間32分12秒で優勝。2年前に出した自己ベストを一気に3分09秒も更新するなど調子を上げていた。

初の世界選手権代表に内定した園田は「(今年から国際大会が)50kmから35kmに変更されて、このチャンスをつかみたいと思っていたので、本当にうれしい。ひとり旅で難しいレースだったけど、応援が力になりました」と言葉を弾ませた。

国内で初めて35kmが実施された今大会。最も良い記録は今後日本記録の可能性があるものの、すぐには日本記録にはならず、ルール上「日本最高記録」の扱いとなる。競技会規則では「新しい種目が加わった時、および記録の扱い方が変更になった場合には、その年に出されたもっともよい記録を日本記録として扱う」となっている。

■女子35km上位成績
園田世玲奈(NTN) 2.45.48 
河添 香織(自衛隊体育学校) 2.54.25 
矢来 舞香(千葉興業銀行) 2.55.55 
渕瀬真寿美(建装工業) 2.59.18 
立見 真央(田子重) 2.59.37 
熊谷 菜美(関彰商事) 3.02.44 
落合 早峰(中京大) 3.16.05 
吉住 友希(船橋整形外科) 3.18.57 

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com