月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子砲丸投のV.アダムスが引退を表明 世界選手権4連覇&五輪4大会連続メダルのレジェンド

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

女子砲丸投で五輪4度のメダルを獲得しているV.アダムス(ニュージーランド)が引退を表明した。

現在37歳のアダムスは2008年北京五輪、12年ロンドン五輪の金メダリスト。16年リオ五輪では銀メダル、昨年の東京五輪では銅メダルをとり4大会連続でメダルを獲得した。世界選手権は07年から13年まで4連覇を果たした。

2010年から2014年の期間には56連勝を続け、自己ベストは21m24(11年)。この記録はオセアニア記録で、21世紀にマークされたものとしては最高の記録。室内の自己ベスト20m98(13年)も室内オセアニア記録である。

14年にはアスリート・オブ・ザ・イヤーに輝いたこともあり、19年から現役選手としてWA(世界陸連)の評議会メンバーに加わっている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com