月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

岡田久美子2年ぶり7回目制覇 序盤から飛び出して圧倒/日本選手権20km競歩


◇第105回日本選手権20km競歩(2月20日/兵庫・神戸)

女子20kmは日本記録(1時間27分41秒)保持者の岡田久美子(東京陸協)が1時間33分28秒で2年ぶり7回目の優勝を果たした。

岡田は2kmあたりで飛び出すと、その後は最後までひとり旅。強風が災いし、オレゴン世界選手権の派遣設定記録(1時間30分00秒)や参加標準記録(1時間31分00秒)の突破はならなかったが、タイトルを奪還した。

昨年は東京五輪に出場し、2016年のリオに続く2大会連続のオリンピアンとなった。その後、10月には12年ロンドン五輪50km競歩7位の森岡紘一朗さん(富士通コーチ)と結婚し、11月末には所属先のビックカメラを退社。心機一転で臨んだレースだった。

「環境が変わりましたが、サポートしてくれた方々に感謝したい」と涙声の岡田。世界選手権代表内定とはならず「このままでは厳しい。次につながるレースを探したい」と前を向いた。

■女子20kmW上位8人
①岡田久美子(東京陸協) 1.33.28
②河添香織(自衛隊体育学校) 1.35.38
③籔田みのり(武庫川女大) 1.35.56
④下岡仁美(同志社大) 1.36.02
⑤矢来舞香(千葉興業銀行) 1.36.11
⑥熊谷菜美(関彰商事) 1.36.55
⑦梅野倖子(順大) 1.37.42
⑧立見真央(中京大) 1.38.17

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com