HOME 駅伝

2022.02.20

順大が2連覇達成 中大とのアンカー決戦を制す/大学対校男女混合駅伝
順大が2連覇達成  中大とのアンカー決戦を制す/大学対校男女混合駅伝


◇第2回全国招待大学対校男女混合駅伝(2月20日/大阪・長居公園内特設コース6区間20km)

順大がアンカー決戦を制して1時間1分19秒で2連覇を達成した。2位は中大、3位は地元の関大が食い込んだ。

順大は先頭から6秒差の5位でタスキを受けた2区(2km)の小野汐音が首位に浮上すると、3区(5km)の伊豫田達弥が2位に25秒差までリードを拡大。4区、5区で中大の猛追で、2秒差まで迫られた。アンカー(6区/5km)の小暮真緒は中大・風間歩佳に並ばれたものの、残り500m付近で振り切って、フィニッシュ。コースは異なるものの、前回(第1回)の優勝タイム1時間1分53秒を30秒以上短縮した。

伊豫田は「風が強かったけど、しっかりがんばることができました」、小暮は「優勝するためにどうやって勝てるか考えて走りました。うれしいです」と笑顔で振り返った。

■上位成績
①順大 1.01.19
②中大 1.01.30
③関大 1.01.50
④日体大 1.01.58
⑤立命大 1.02.03
⑥東洋大 1.02.10
⑦拓大 1.02.14
⑧筑波大 1.02.54

■区間賞
1区(3km) 飯澤千翔(東海大) 8.12
2区(2km) 小野汐音(順大) 6.15
3区(5km) 伊豫田達弥(順大) 14.15
4区(3km) 山崎りさ(日体大) 9.29
5区(2km) 甲木康博(東洋大) 5.21
6区(5km) 飛田凜香(立命大) 16.31

◇第2回全国招待大学対校男女混合駅伝(2月20日/大阪・長居公園内特設コース6区間20km) 順大がアンカー決戦を制して1時間1分19秒で2連覇を達成した。2位は中大、3位は地元の関大が食い込んだ。 順大は先頭から6秒差の5位でタスキを受けた2区(2km)の小野汐音が首位に浮上すると、3区(5km)の伊豫田達弥が2位に25秒差までリードを拡大。4区、5区で中大の猛追で、2秒差まで迫られた。アンカー(6区/5km)の小暮真緒は中大・風間歩佳に並ばれたものの、残り500m付近で振り切って、フィニッシュ。コースは異なるものの、前回(第1回)の優勝タイム1時間1分53秒を30秒以上短縮した。 伊豫田は「風が強かったけど、しっかりがんばることができました」、小暮は「優勝するためにどうやって勝てるか考えて走りました。うれしいです」と笑顔で振り返った。 ■上位成績 ①順大 1.01.19 ②中大 1.01.30 ③関大 1.01.50 ④日体大 1.01.58 ⑤立命大 1.02.03 ⑥東洋大 1.02.10 ⑦拓大 1.02.14 ⑧筑波大 1.02.54 ■区間賞 1区(3km) 飯澤千翔(東海大) 8.12 2区(2km) 小野汐音(順大) 6.15 3区(5km) 伊豫田達弥(順大) 14.15 4区(3km) 山崎りさ(日体大) 9.29 5区(2km) 甲木康博(東洋大) 5.21 6区(5km) 飛田凜香(立命大) 16.31

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top