月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

順大が2連覇達成 中大とのアンカー決戦を制す/大学対校男女混合駅伝


◇第2回全国招待大学対校男女混合駅伝(2月20日/大阪・長居公園内特設コース6区間20km)

順大がアンカー決戦を制して1時間1分19秒で2連覇を達成した。2位は中大、3位は地元の関大が食い込んだ。

順大は先頭から6秒差の5位でタスキを受けた2区(2km)の小野汐音が首位に浮上すると、3区(5km)の伊豫田達弥が2位に25秒差までリードを拡大。4区、5区で中大の猛追で、2秒差まで迫られた。アンカー(6区/5km)の小暮真緒は中大・風間歩佳に並ばれたものの、残り500m付近で振り切って、フィニッシュ。コースは異なるものの、前回(第1回)の優勝タイム1時間1分53秒を30秒以上短縮した。

伊豫田は「風が強かったけど、しっかりがんばることができました」、小暮は「優勝するためにどうやって勝てるか考えて走りました。うれしいです」と笑顔で振り返った。

■上位成績
①順大 1.01.19
②中大 1.01.30
③関大 1.01.50
④日体大 1.01.58
⑤立命大 1.02.03
⑥東洋大 1.02.10
⑦拓大 1.02.14
⑧筑波大 1.02.54

■区間賞
1区(3km) 飯澤千翔(東海大) 8.12
2区(2km) 小野汐音(順大) 6.15
3区(5km) 伊豫田達弥(順大) 14.15
4区(3km) 山崎りさ(日体大) 9.29
5区(2km) 甲木康博(東洋大) 5.21
6区(5km) 飛田凜香(立命大) 16.31

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com