月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

2年ぶりの都道府県女子駅伝!田中希実の兵庫、不破聖衣来の群馬、京都、大阪がV争い中心 廣中、福士も参戦

第40回全国都道府県対抗女子駅伝が1月16日に行われる。コロナ禍で前回は中止で2年ぶりの開催。中学生から、高校、大学、シニアのトップ選手が一堂に会し、“ふるさと”のユニフォームを着てタスキをつなぐ。

たけびしスタジアム京都(西京極)をスタート・フィニッシュに、42.195kmを9区間に分けてつなぐ。優勝争いは兵庫、京都、群馬あたりになりそうだ。

10大会連続中、過去優勝5回を誇る兵庫。その1区を務めそうなのが田中希実(豊田自動織機TC)だ。1500m、3000mの日本記録保持者で、東京五輪1500m8位。田中は西脇工高時代の全国高校駅伝、そして都道府県女子駅伝では3度、この都大路1区の6kmを走っているが、意外にも区間賞はない(2年前は区間2位)。「世界の田中」が区間賞発進するようなことがあれば、2区に入りそうなチームメイトの後藤夢、須磨学園高勢などで主導権を握りそうだ。

京都は現役・OGも含めて立命館宇治高勢がカギを握る。1区が想定される三原梓(日本郵政グループ)、細谷愛子(立命館宇治高)ら、都大路を知り尽くした選手たちが集結。ここに東京五輪10000m代表の安藤友香(ワコール)も加わる。総合力で2年前からの“連覇”、そして最多18回目の優勝をつかみ取れるか。

注目なのが群馬。何と言ってもアンカーを務めそうな不破聖衣来(拓大)が強力だ。初10000mながら30分45秒21の日本歴代2位をマーク。駅伝でも無類の強さを誇り、他チームにとっては2分差で逃げてもどうか……という力がある。加えて、復調気配が漂う岡本春美(ヤマダホールディングス)、樺沢和佳奈(資生堂)といった常磐高OGが前半から流れを作りそう。悲願の初優勝へ好機を迎えている。

大阪は中学生以外、OGを含め「オール薫英女学院」で臨む。12月の全国高校駅伝で2位に入ったメンバーが中心だが、大森菜月(ダイハツ)、前田梨乃(豊田自動織機)といったシニア勢がどこまで力を発揮できるか。大学で競技引退を表明している高松智美ムセンビ(名城大)の走りにも注目したい。

福岡、宮城、千葉も上位候補に挙がる。福岡は調子を上げてきた木村友香(資生堂)と、20年の全国高校駅伝で1区独走での区間賞を見せた酒井美玖(デンソー)が有力で、中学生にも全国大会上位選手が控える。宮城は全国高校駅伝を制した仙台育英高勢に勢いがある。米澤奈々香(3年)はシニア級の力を持っている。千葉は今西紗世(八木中)ら中学生が全国トップ級。ここに加世田梨花(名城大)、山崎りさ(日体大)、そして現役を含めた「成田高勢」が主要区間を務める。

注目のランナーには、東京五輪マラソン8位入賞の一山麻緒(ワコール)が地元・鹿児島のアンカーを務めそう。さらに、東京五輪5000m、10000m代表で5000mの日本記録保持者・廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が長崎代表として出場。廣中は中学時代からこの都道府県対抗女子駅伝にめっぽう強い。さらに、今季で引退を発表したレジェンド・39歳になった福士加代子(青森/ワコール)は今大会最年長ランナー。最後の都大路でどんな走りを見せるか。

“花の1区”は豪華絢爛。田中希実と廣中璃梨佳の激突に加え、石川の五島莉乃(資生堂)も区間賞争いに加わるか。そして最長10kmの9区では18歳の不破聖衣来、福士加代子、一山麻緒、木村友香、長野の和田有菜(名城大)、秋田の鈴木優花(大東大)らの名が連なる。

ふるさとのプライドを懸けた決戦。「駅伝日本一」の称号はどの都道府県が手にするのか。

■全国都道府県対抗女子駅伝
1月16日(日)12時30分スタート
・NHK総合テレビで12時15分から生中継

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com