月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

青学大が3区で先頭へ!東京国際大の丹所健が日本人最高タイムで区間賞/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

第98回箱根駅伝の3区は青学大の太田蒼生(1年)が前を行く駒大を逆転し、首位で平塚中継所を通過した。

東京国際大の丹所健(3年)が日本人区間最高となる1時間0分55秒で走破し、区間賞を獲得する活躍で4位から2位へ浮上。帝京大は4年連続3区出走の遠藤大地(4年)が5位から3位へ押し上げ、駒大は5位まで順位を落とした。

その後ろでは順大の伊豫田達弥(3年)が17位から7人を抜いてシード圏内へ押し上げた。

●3区通過順位
① 青学大  3.09.34
② 東京国際大3.09.46
③ 帝京大  3.10.40
④ 國學院大 3.11.16
⑤ 駒 大  3.11.33
⑥ 東洋大  3.11.55
⑦ 中 大  3.12.10
⑧ 法 大  3.12.29
⑨ 国士大  3.12.50
⑩ 順 大  3.12.55
⑪ 創価大  3.13.04
⑫ 山梨学大 3.13.10
⑬ 早 大  3.13.31
 学生連合 3.13.44
⑭ 日体大  3.14.06
⑮ 神奈川大 3.14.19
⑯ 明 大  3.15.03
⑰ 東海大  3.15.11
⑱ 駿河台大 3.17.14
⑲ 中央学大 3.18.10
⑳ 専 大  3.19.02

■区間上位成績
1位 丹所 健(東京国際大) 1.00.55
2位 太田蒼生(青学大)   1.01.00
3位 伊豫田達弥(順大)   1.01.20
4位 遠藤大地(帝京大)   1.01.40
5位 山本歩夢(國學院大)  1.02.00

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com