月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

駒大・田澤廉が2区区間賞でエースの証明!「1年経って強くなったと感じました」/箱根駅伝

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

第98回箱根駅伝の2区は駒大の田澤廉(3年)が1時間6分13秒で区間賞を獲得した。

田澤は2位でタスキを受け取ると、7.2kmで先頭を行く中大を逆転し、首位に浮上。そのまま独走し、戸塚中継所では2位に上がった青学大に1分02秒の差をつけた。

「今回は日本人選手もトップクラスが集まって、その中で区間賞を取りたいと思っていました。前回は一杯いっぱいでしたが、1年経って強くなったと感じました」

駒大の選手が2区で区間賞を獲得するのは現在監督を務める大八木弘明以来36年ぶり。田澤は「事前に監督から聞いていたので、うれしいです」と頬を緩めた。

田澤は昨年12月の日体大長距離競技会10000mで27分23秒44をマークし、今年7月に開催されるオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破済み。「世界陸上に向けて、もう一度がんばっていきたい」と、次なる目標に向けて気合を入れ直した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com