HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.01.02

駒大・田澤廉が2区区間賞でエースの証明!「1年経って強くなったと感じました」/箱根駅伝
駒大・田澤廉が2区区間賞でエースの証明!「1年経って強くなったと感じました」/箱根駅伝

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

広告の下にコンテンツが続きます

第98回箱根駅伝の2区は駒大の田澤廉(3年)が1時間6分13秒で区間賞を獲得した。

田澤は2位でタスキを受け取ると、7.2kmで先頭を行く中大を逆転し、首位に浮上。そのまま独走し、戸塚中継所では2位に上がった青学大に1分02秒の差をつけた。

「今回は日本人選手もトップクラスが集まって、その中で区間賞を取りたいと思っていました。前回は一杯いっぱいでしたが、1年経って強くなったと感じました」

駒大の選手が2区で区間賞を獲得するのは現在監督を務める大八木弘明以来36年ぶり。田澤は「事前に監督から聞いていたので、うれしいです」と頬を緩めた。

広告の下にコンテンツが続きます

田澤は昨年12月の日体大長距離競技会10000mで27分23秒44をマークし、今年7月に開催されるオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破済み。「世界陸上に向けて、もう一度がんばっていきたい」と、次なる目標に向けて気合を入れ直した。

◇第98回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km) 第98回箱根駅伝の2区は駒大の田澤廉(3年)が1時間6分13秒で区間賞を獲得した。 田澤は2位でタスキを受け取ると、7.2kmで先頭を行く中大を逆転し、首位に浮上。そのまま独走し、戸塚中継所では2位に上がった青学大に1分02秒の差をつけた。 「今回は日本人選手もトップクラスが集まって、その中で区間賞を取りたいと思っていました。前回は一杯いっぱいでしたが、1年経って強くなったと感じました」 駒大の選手が2区で区間賞を獲得するのは現在監督を務める大八木弘明以来36年ぶり。田澤は「事前に監督から聞いていたので、うれしいです」と頬を緩めた。 田澤は昨年12月の日体大長距離競技会10000mで27分23秒44をマークし、今年7月に開催されるオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破済み。「世界陸上に向けて、もう一度がんばっていきたい」と、次なる目標に向けて気合を入れ直した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top