月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

五島莉乃31分10秒02!日本歴代6位タイで4人目の世界選手権標準突破 駅伝で新谷抑え区間賞


◇エディオン ディスタンスチャレンジin京都2021(12月10日/京都・たけびしスタジアム京都)

京都で行われた記録会の女子10000mで、五島莉乃(資生堂)が31分10秒02をマークし、オレゴン世界選手権の参加標準記録31分25秒00を突破。廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、安藤友香(ワコール)、小林成美(名城大)に続き3人目となる。

五島は石川・星稜高から中大を経て資生堂へ。実業団2年目。11月のクイーンズ駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝)では5区(10.0km)を走り31分28秒の区間新をマークし、新谷仁美(積水化学)を1秒差抑えて区間賞を獲得してチームの2位に貢献した。

中大時代にはユニバーシアード10000m2位、日本インカレ10000m2位など活躍。4年時の富士山女子駅伝では2区で区間記録を樹立した。同学年でライバルだった佐藤成葉と資生堂でチームメイトに。

ちなみに大学時代は当時の監督の勧めで1日砲丸を投げ続けるトレーニングを行ったり、星稜高時代には練習の一環として競歩で全国大会(3000m競歩)にも出場したり、というエピソードを持つ。

■女子10000m日本歴代10傑
30.20.44新谷 仁美(積水化学) 2020.12.4
30.48.89渋井 陽子(三井住友海上)2002.5.3
30.51.81福士加代子(ワコール) 2002.10.8
31.00.71廣中璃梨佳(日本郵政グループ)2021.8.7
31.09.46川上 優子(沖電気宮崎)2000.7.1
31.10.02絹川  愛(ミズノ) 2011. 6.22
31.10.02五島 莉乃(資生堂) 2021.12.10
31.11.56一山 麻緒(ワコール) 2020.12. 4
31.15.34羽鳥 智子(第一生命) 2004. 4.25
31.15.34赤羽有紀子(ホクレン) 2008. 6.27

タグ:

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com