HOME ニュース、国内

2021.12.05

福岡第一高出身ギザエが最後の福岡制す「日本のふるさと、大好きな街」/福岡国際マラソン
福岡第一高出身ギザエが最後の福岡制す「日本のふるさと、大好きな街」/福岡国際マラソン

◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着)

これまで数々の歴史を作ってきた福岡国際マラソン。最後のレースを制したのはマイケル・ギザエ(スズキ)だった。

広告の下にコンテンツが続きます

ギザエはジェームス・ルンガル(中央発條)、高久龍(ヤクルト)、細谷恭平(黒崎播磨)、定方俊樹(三菱重工)、大塚祥平(九電工)らとともに先頭集団を形成。ペースメーカーが離れてギザエ、高久、ルンガルの3人になると、ギザエは35kmで一気にペースを上げて後続を引き離し、最後は苦しみながら逃げ切った。

「暑さもあってチャレンジのレースでしたが、ペースメーカーがいいペースを作ってくれて、30km以降もペースを維持できました」とギザエ。「最後の4kmでスパートをしようと考えていました。いいレースができてとてもうれしいです」と喜びを語る。スズキの藤原新コーチは「終始、冷静なレース運びをしてくれました。最後は苦しみましたが、逃げ切れてよかった。今回は自信を持ってスタートに立ってくれました」と称える。

ケニア出身のギザエは高校時代に来日し、地元・福岡第一高に留学して部活動で走っていた。福岡については「日本のふるさと。大好きな街」。15年から福岡国際に出場し、「毎年大きな挑戦で、失敗もしてきました」と言う。それでも、「今年は秋以降、日本でトレーニングして、100%の状態で迎えられた」と順調にスタートを切った。

福岡国際マラソン最後のチャンピオンが、福岡育ちの留学生というのも何かの縁か。「ケニアから来て、福岡第一高校に通って、スズキで走っている私が、優勝者として歴史に刻まれる。将来、自分の子供にも伝えられると思うとうれしいです」とギザエは誇らしげに語った。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着) これまで数々の歴史を作ってきた福岡国際マラソン。最後のレースを制したのはマイケル・ギザエ(スズキ)だった。 ギザエはジェームス・ルンガル(中央発條)、高久龍(ヤクルト)、細谷恭平(黒崎播磨)、定方俊樹(三菱重工)、大塚祥平(九電工)らとともに先頭集団を形成。ペースメーカーが離れてギザエ、高久、ルンガルの3人になると、ギザエは35kmで一気にペースを上げて後続を引き離し、最後は苦しみながら逃げ切った。 「暑さもあってチャレンジのレースでしたが、ペースメーカーがいいペースを作ってくれて、30km以降もペースを維持できました」とギザエ。「最後の4kmでスパートをしようと考えていました。いいレースができてとてもうれしいです」と喜びを語る。スズキの藤原新コーチは「終始、冷静なレース運びをしてくれました。最後は苦しみましたが、逃げ切れてよかった。今回は自信を持ってスタートに立ってくれました」と称える。 ケニア出身のギザエは高校時代に来日し、地元・福岡第一高に留学して部活動で走っていた。福岡については「日本のふるさと。大好きな街」。15年から福岡国際に出場し、「毎年大きな挑戦で、失敗もしてきました」と言う。それでも、「今年は秋以降、日本でトレーニングして、100%の状態で迎えられた」と順調にスタートを切った。 福岡国際マラソン最後のチャンピオンが、福岡育ちの留学生というのも何かの縁か。「ケニアから来て、福岡第一高校に通って、スズキで走っている私が、優勝者として歴史に刻まれる。将来、自分の子供にも伝えられると思うとうれしいです」とギザエは誇らしげに語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top