HOME ニュース、国内

2021.12.05

最後の福岡 日本人トップは細谷恭平!パリ五輪選考MGC第一号/福岡国際マラソン
最後の福岡 日本人トップは細谷恭平!パリ五輪選考MGC第一号/福岡国際マラソン


◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着)

オレゴン世界選手権選考会およびパリ五輪選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)切符を懸けた第75回福岡国際マラソンが行われ、細谷恭平(黒崎播磨)が日本人トップの2位に入った。2時間8分16秒をマークし、MGC出場権獲得条件である2時間10分以内をクリアして、MGC出場権第一号となった。

広告の下にコンテンツが続きます

レースは序盤から大集団で展開。15km通過も16人で進む。20kmで元日本記録保持者の設楽悠太(Honda)が途中棄権。中間点は1時間2分41秒で通過すると、その後はやや集団がばらけ始めた。

27kmすぎになるとジェームス・ルンガル(中央発條)、マイケル・ギザエ(スズキ)とともに髙久龍(ヤクルト)、細谷、定方俊樹(三菱重工)、大塚祥平(九電工)らが先頭集団を形成。ペースメーカーが外れた30kmで髙久が海外選手2人とトップに躍り出るが、31.6kmの折り返し前に細谷、定方が追いつき、細谷が前に出た。

35kmでギザエがペースアップし、細谷、髙久が遅れる。37kmで細谷が単独2位となった。優勝はギザエで2時間7分51秒で最後のチャンピオンに。細谷が2位で続いた。3位にルンガル。4位の大塚、5位の髙久、6位の上門大祐(大塚製薬)が2時間9分以内をマークしてMGC出場権を獲得した。

細谷は茨城・水城高から中央学大を経て2018年から黒崎播磨へ。箱根駅伝では2度5区を走り区間3位と好走。2月のびわ湖毎日マラソンでは日本歴代6位の2時間6分35秒をマークして3位に入っていた。これがマラソン3レース目。

広告の下にコンテンツが続きます

■福岡国際マラソン入賞者
1位 M.ギザエ(スズキ) 2時間7分51秒
2位 細谷恭平(黒崎播磨) 2時間8分16秒=MGC
3位 J.ルンガル(中央発條) 2時間8分25秒
4位 大塚祥平(九電工) 2時間8分33秒=MGC
5位 髙久 龍(ヤクルト) 2時間8分38秒=MGC
6位 上門大祐(大塚製薬) 2時間8分56秒=MGC
7位 二岡康平(中電工) 2時間9分14秒
8位 田口雅也(Honda) 2時間9分35秒

◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着) オレゴン世界選手権選考会およびパリ五輪選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)切符を懸けた第75回福岡国際マラソンが行われ、細谷恭平(黒崎播磨)が日本人トップの2位に入った。2時間8分16秒をマークし、MGC出場権獲得条件である2時間10分以内をクリアして、MGC出場権第一号となった。 レースは序盤から大集団で展開。15km通過も16人で進む。20kmで元日本記録保持者の設楽悠太(Honda)が途中棄権。中間点は1時間2分41秒で通過すると、その後はやや集団がばらけ始めた。 27kmすぎになるとジェームス・ルンガル(中央発條)、マイケル・ギザエ(スズキ)とともに髙久龍(ヤクルト)、細谷、定方俊樹(三菱重工)、大塚祥平(九電工)らが先頭集団を形成。ペースメーカーが外れた30kmで髙久が海外選手2人とトップに躍り出るが、31.6kmの折り返し前に細谷、定方が追いつき、細谷が前に出た。 35kmでギザエがペースアップし、細谷、髙久が遅れる。37kmで細谷が単独2位となった。優勝はギザエで2時間7分51秒で最後のチャンピオンに。細谷が2位で続いた。3位にルンガル。4位の大塚、5位の髙久、6位の上門大祐(大塚製薬)が2時間9分以内をマークしてMGC出場権を獲得した。 細谷は茨城・水城高から中央学大を経て2018年から黒崎播磨へ。箱根駅伝では2度5区を走り区間3位と好走。2月のびわ湖毎日マラソンでは日本歴代6位の2時間6分35秒をマークして3位に入っていた。これがマラソン3レース目。 ■福岡国際マラソン入賞者 1位 M.ギザエ(スズキ) 2時間7分51秒 2位 細谷恭平(黒崎播磨) 2時間8分16秒=MGC 3位 J.ルンガル(中央発條) 2時間8分25秒 4位 大塚祥平(九電工) 2時間8分33秒=MGC 5位 髙久 龍(ヤクルト) 2時間8分38秒=MGC 6位 上門大祐(大塚製薬) 2時間8分56秒=MGC 7位 二岡康平(中電工) 2時間9分14秒 8位 田口雅也(Honda) 2時間9分35秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top