月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

パリ五輪選考MGC細谷恭平、大塚祥平、高久龍、上門大祐が出場権獲得コメント集/福岡国際マラソン


◇第75回福岡国際マラソン(12月5日/福岡市・平和台陸上競技場発着)

今大会で長い歴史に幕を下ろすことが決まった福岡国際マラソン。日本陸連のプロジェクトJMCシリーズの一つで、来年のオレゴン世界選手権選考会、そして2024年パリ五輪選考会となるマラソングランドチャンプピオンシップ(MGC)の出場権獲得を目指す対象大会でもあった。

MGC出場の条件は(1)2時間8分以内、(2)対象大会で日本人1~3位+2時間10分以内、(3)
対象大会で日本人4~6位+2時間9分以内。今回、2位・細谷恭平(黒崎播磨/2時間8分16秒)、4位・大塚祥平(九電工/2時間8分33秒)、5位・高久龍(ヤクルト/2時間8分38秒)、6位・上門大祐(大塚製薬/2時間8分56秒)の4人が条件をクリアしてMGC出場権を獲得した。

■MGC出場権獲得者のコメント
2位・細谷恭平(黒崎播磨)
「一番の目標は優勝でしたが、日本人トップにはこだわっていたのでとりあえずは良かったです。(優勝した)ギザエ選手にスパートをかけられたところで対応できればよかったですが反応できませんでした。1km2分58秒ペースも初めてで、3レース目で経験不足。集団の中でうろうろしてしまったことで、後半、脚が動かなかったのは反省点。マラソンは深いなと思いました。日の丸を背負うという意識で取り組んでいるので、パリ五輪の予選(MGC)が決まってよかった」

4位・大塚祥平(九電工)
「ハーフ通過時点では(上位が)狙えるかなと思っていましたが、35km以降からの5kmが16分20秒かかってしまって、ジョグに近いペースになった。だいぶ落ちてしまった。初めて3分を切るペースで進めたのはいい経験になりました。東京五輪補欠という立場、延期もあって、緊張感を持って取り組めたのはプラスになっていると思います」

5位・高久龍(ヤクルト)
「25km付近で差し込み(脇腹痛)がきてやばいと思いましたが、最後の福岡で、招待選手だったので気合で先頭集団で走りました。途中、思ったよりも汗が出ていて、脱水症状で手足にしびれがきていました。最後は大塚選手が来ているのはわかっていましたが、焦りが出てケイレンして転んでしまいました。悪くても2時間7分10秒~20秒くらいで走りたかったので満足はできません。30kmまで2分58秒ペースでいけたのは力がついていると感じました。練習を見直して2時間5分台を目指したい」

6位・上門大祐(大塚製薬/2時間8分56秒)
「30kmまでしっかり先頭集団につければ2時間6~7分くらいが出ると思いましたし、一番は優勝が目標。順調にきていたのでMGCラインには入るだろうと思ったのですが、ギリギリになってヒヤリとしました。前半はペースメーカーが安定してくれて余裕を持って走れましたが、後半は風も出てきて、単独走になってからは苦しいレースになりました」

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com