月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

21年陸上界MVP決定!400mH驚異の世界新ワルホルム&五輪短距離3冠のトンプソン・ヘラー

世界陸連(WA)アスレティックス・アワード2021が12月1日に開かれ、年間最優秀選手賞に当たるアスリート・オブ・ザ・イヤー2021に、男子は400mハードルのK.ワルホルム(ノルウェー)と、女子は短距離のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が選出された。

ワルホルムは今季、46秒70をマークして世界記録保持者として東京五輪に臨み、その決勝では人類初の45秒台となる45秒94という衝撃的な世界新記録を樹立して優勝。2位のR.ベンジャミン(米国)、3位のA.ドス・サントス(ブラジル)といずれも昨シーズンまでの世界記録を上回る高速レースだった。

ワルホルムは「とても満足しています」と喜びを語り、東京五輪について「追われる立場で非常に激しいレースでした。タイムを見た時は『これは何かの間違いだろう』と思いました」と振り返った。

トンプソン・ヘラーは同じく東京五輪で100mを五輪新の10秒61で優勝、200m、4×100mリレーの3冠を達成している。記録面でも100m10秒54、200m21秒53と世界歴代2位をマークし、世界記録に近づいた。

トンプソン・ヘラーは「世界記録に近づくことができたし(記録更新も)可能です。私のスパイクが止まることはありません」と世界記録更新を視野に入れる。2022年は「世界選手権が次の大きな目標」とし、米国を拠点としているため「東京五輪は無観客で叶いませんでしたが、家が近いので家族や友人が応援に来られるとうれしい」と語った。

WAのセバスチャン・コー会長は「2021年は素晴らしい年でした。陸上競技は誰でもアクセスしやすい種目であり、東京五輪ではオリンピックのメイン種目であることを証明してくれたと思います。世界中のすべてのアスリートに感謝しています」と語った。

この賞は1988年に創設され、初代は男子がカール・ルイス、女子がフローレンス・ジョイナーが受賞。昨年はオンラインで授賞式が行われ、男子は棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)、女子は三段跳のY.ロハス(ベネズエラ)が選ばれている。

有望な若手に贈られるライジング・スター賞には、男子は200mでウサイン・ボルト氏の持つU20世界記録を塗り替えたE.ナイトン(米国)と18歳で東京五輪女子800mを制したA.ムー(米国)が選出された。

貢献活動を評価して選ばれる加盟国賞(Member Federation Award)には、「コロナ禍にあって過去12ヵ月間、トレーニング、競技会、開発のための実施要項を作成して実行し、国内のトップアスリートが国際大会でより高いレベルの競技力へ到達することを実現した」コスタリカ陸連に贈られた。

東京五輪男子走高跳で、互いに大ケガを乗り越えた末、ジャンプオフを回避して金メダルを分け合ったM.E.バルシム(カタール)とJ.タンベリ(イタリア)に、「インスピレーション賞」が贈られている。

【受賞者一覧】
■ワールドアスリートオブザイヤー2021
男子 K.ワルホルム(ノルウェー/400mH)
女子 E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ/短距離)
■ライジング・スター賞
男子 E.ナイトン(米国/短距離)
女子 A.ムー(米国/400m、800m)
■インスピレーション賞
東京五輪男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)とJ.タンベリ(イタリア)
■加盟国賞(Member Federation Award)
コスタリカ
■会長賞
ピーター・ダイアモンド
(NBC五輪プログラミング責任者)
■コーチングアチーブメント賞
ボビー・カーシー(米国)
(アリソン・フェリックスやS.マクラフリンのコーチ)
■ウーマン・オブ・ザ・イヤー
アンジュ・ボビー・ジョージ
(インドの元走幅跳選手。インド国内で普及、強化の発展に貢献)
■フォトオブザイヤー
ジャン・ピエール・デュランが東京五輪女子走高跳予選の写真
※今年10月に他界

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com