HOME ニュース、海外

2021.12.02

21年陸上界MVP決定!400mH驚異の世界新ワルホルム&五輪短距離3冠のトンプソン・ヘラー
21年陸上界MVP決定!400mH驚異の世界新ワルホルム&五輪短距離3冠のトンプソン・ヘラー

世界陸連(WA)アスレティックス・アワード2021が12月1日に開かれ、年間最優秀選手賞に当たるアスリート・オブ・ザ・イヤー2021に、男子は400mハードルのK.ワルホルム(ノルウェー)と、女子は短距離のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が選出された。

ワルホルムは今季、46秒70をマークして世界記録保持者として東京五輪に臨み、その決勝では人類初の45秒台となる45秒94という衝撃的な世界新記録を樹立して優勝。2位のR.ベンジャミン(米国)、3位のA.ドス・サントス(ブラジル)といずれも昨シーズンまでの世界記録を上回る高速レースだった。

ワルホルムは「とても満足しています」と喜びを語り、東京五輪について「追われる立場で非常に激しいレースでした。タイムを見た時は『これは何かの間違いだろう』と思いました」と振り返った。

トンプソン・ヘラーは同じく東京五輪で100mを五輪新の10秒61で優勝、200m、4×100mリレーの3冠を達成している。記録面でも100m10秒54、200m21秒53と世界歴代2位をマークし、世界記録に近づいた。

トンプソン・ヘラーは「世界記録に近づくことができたし(記録更新も)可能です。私のスパイクが止まることはありません」と世界記録更新を視野に入れる。2022年は「世界選手権が次の大きな目標」とし、米国を拠点としているため「東京五輪は無観客で叶いませんでしたが、家が近いので家族や友人が応援に来られるとうれしい」と語った。

WAのセバスチャン・コー会長は「2021年は素晴らしい年でした。陸上競技は誰でもアクセスしやすい種目であり、東京五輪ではオリンピックのメイン種目であることを証明してくれたと思います。世界中のすべてのアスリートに感謝しています」と語った。

この賞は1988年に創設され、初代は男子がカール・ルイス、女子がフローレンス・ジョイナーが受賞。昨年はオンラインで授賞式が行われ、男子は棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)、女子は三段跳のY.ロハス(ベネズエラ)が選ばれている。

有望な若手に贈られるライジング・スター賞には、男子は200mでウサイン・ボルト氏の持つU20世界記録を塗り替えたE.ナイトン(米国)と18歳で東京五輪女子800mを制したA.ムー(米国)が選出された。

貢献活動を評価して選ばれる加盟国賞(Member Federation Award)には、「コロナ禍にあって過去12ヵ月間、トレーニング、競技会、開発のための実施要項を作成して実行し、国内のトップアスリートが国際大会でより高いレベルの競技力へ到達することを実現した」コスタリカ陸連に贈られた。

東京五輪男子走高跳で、互いに大ケガを乗り越えた末、ジャンプオフを回避して金メダルを分け合ったM.E.バルシム(カタール)とJ.タンベリ(イタリア)に、「インスピレーション賞」が贈られている。

【受賞者一覧】
■ワールドアスリートオブザイヤー2021
男子 K.ワルホルム(ノルウェー/400mH)
女子 E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ/短距離)
■ライジング・スター賞
男子 E.ナイトン(米国/短距離)
女子 A.ムー(米国/400m、800m)
■インスピレーション賞
東京五輪男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)とJ.タンベリ(イタリア)
■加盟国賞(Member Federation Award)
コスタリカ
■会長賞
ピーター・ダイアモンド
(NBC五輪プログラミング責任者)
■コーチングアチーブメント賞
ボビー・カーシー(米国)
(アリソン・フェリックスやS.マクラフリンのコーチ)
■ウーマン・オブ・ザ・イヤー
アンジュ・ボビー・ジョージ
(インドの元走幅跳選手。インド国内で普及、強化の発展に貢献)
■フォトオブザイヤー
ジャン・ピエール・デュランが東京五輪女子走高跳予選の写真
※今年10月に他界

世界陸連(WA)アスレティックス・アワード2021が12月1日に開かれ、年間最優秀選手賞に当たるアスリート・オブ・ザ・イヤー2021に、男子は400mハードルのK.ワルホルム(ノルウェー)と、女子は短距離のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)が選出された。 ワルホルムは今季、46秒70をマークして世界記録保持者として東京五輪に臨み、その決勝では人類初の45秒台となる45秒94という衝撃的な世界新記録を樹立して優勝。2位のR.ベンジャミン(米国)、3位のA.ドス・サントス(ブラジル)といずれも昨シーズンまでの世界記録を上回る高速レースだった。 ワルホルムは「とても満足しています」と喜びを語り、東京五輪について「追われる立場で非常に激しいレースでした。タイムを見た時は『これは何かの間違いだろう』と思いました」と振り返った。 トンプソン・ヘラーは同じく東京五輪で100mを五輪新の10秒61で優勝、200m、4×100mリレーの3冠を達成している。記録面でも100m10秒54、200m21秒53と世界歴代2位をマークし、世界記録に近づいた。 トンプソン・ヘラーは「世界記録に近づくことができたし(記録更新も)可能です。私のスパイクが止まることはありません」と世界記録更新を視野に入れる。2022年は「世界選手権が次の大きな目標」とし、米国を拠点としているため「東京五輪は無観客で叶いませんでしたが、家が近いので家族や友人が応援に来られるとうれしい」と語った。 WAのセバスチャン・コー会長は「2021年は素晴らしい年でした。陸上競技は誰でもアクセスしやすい種目であり、東京五輪ではオリンピックのメイン種目であることを証明してくれたと思います。世界中のすべてのアスリートに感謝しています」と語った。 この賞は1988年に創設され、初代は男子がカール・ルイス、女子がフローレンス・ジョイナーが受賞。昨年はオンラインで授賞式が行われ、男子は棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)、女子は三段跳のY.ロハス(ベネズエラ)が選ばれている。 有望な若手に贈られるライジング・スター賞には、男子は200mでウサイン・ボルト氏の持つU20世界記録を塗り替えたE.ナイトン(米国)と18歳で東京五輪女子800mを制したA.ムー(米国)が選出された。 貢献活動を評価して選ばれる加盟国賞(Member Federation Award)には、「コロナ禍にあって過去12ヵ月間、トレーニング、競技会、開発のための実施要項を作成して実行し、国内のトップアスリートが国際大会でより高いレベルの競技力へ到達することを実現した」コスタリカ陸連に贈られた。 東京五輪男子走高跳で、互いに大ケガを乗り越えた末、ジャンプオフを回避して金メダルを分け合ったM.E.バルシム(カタール)とJ.タンベリ(イタリア)に、「インスピレーション賞」が贈られている。 【受賞者一覧】 ■ワールドアスリートオブザイヤー2021 男子 K.ワルホルム(ノルウェー/400mH) 女子 E.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ/短距離) ■ライジング・スター賞 男子 E.ナイトン(米国/短距離) 女子 A.ムー(米国/400m、800m) ■インスピレーション賞 東京五輪男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)とJ.タンベリ(イタリア) ■加盟国賞(Member Federation Award) コスタリカ ■会長賞 ピーター・ダイアモンド (NBC五輪プログラミング責任者) ■コーチングアチーブメント賞 ボビー・カーシー(米国) (アリソン・フェリックスやS.マクラフリンのコーチ) ■ウーマン・オブ・ザ・イヤー アンジュ・ボビー・ジョージ (インドの元走幅跳選手。インド国内で普及、強化の発展に貢献) ■フォトオブザイヤー ジャン・ピエール・デュランが東京五輪女子走高跳予選の写真 ※今年10月に他界

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top