月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

全国中学校駅伝の出場校が決定 2年ぶりの全国大会に男女48チームが集う


昨年はコロナ禍で中止となり、2年ぶりに開催される第29回全国中学校駅伝(12月19日/滋賀・希望が丘文化公園)。その予選となる都道府県中学駅伝が11月21日の三重と広島ですべて終了し、47都道府県の優勝チームに開催地枠(滋賀県大会2位チーム)を加えた、代表校男女各48校が出そろった。

男子では2018年に全国優勝を飾った桂(京都)が府大会(18.5km)を大会新記録の58分04秒で制し、2年ぶり5回目の出場を決めた。桂は8月の全日本中学校選手権(全中)の3000mで3位入賞の加嶋翼を筆頭に3000m8分台ランナーを5人そろえており、3年ぶりの日本一を目指す。福井煌、荒川煌介と全中1500m決勝進出者が2人いる三島(栃木)は7年前の全国覇者。初出場の京山(岡山)は全中1500mを3分53秒94の大会新で制した川口峻太朗がエースとしてチームを牽引する。最多出場は第3回、第4回大会で全国連覇を達成している曽根(福岡)の12回(2年ぶり)。優勝経験のある櫛形(山梨)、開催地枠で出場の水口(滋賀)も11回目の出場となる。初出場は21校を数える。

女子は全中女子1500m5位の吉川菜緒を擁する稲美(兵庫)が8年ぶり2回目の全国。全中800m出場の長野亜美など強力なメンバーが名を連ねる。2014年から前人未踏の全国大会5連覇の偉業を達成した桂(京都)も激戦の府大会を制して、3年ぶりの全国切符を手にした。12kmのコースで行われた熊本県大会を40分31秒の好タイムで制した山鹿は過去6年で3度の全国入賞を誇る実力校。また、8月の全国中学校バスケットボール大会で日本一に輝いた四日市メリノール(三重)は、全員がバスケ部員というオーダーで県大会を制し、初出場を決めている。最多出場は櫛形(山梨)の16回(2年ぶり)。八木(奈良)は24年ぶりの出場となる。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com