月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

倉敷が男女V 男子は2時間3分45秒の大会新、女子は県大会の雪辱/中国高校駅伝

中国高校駅伝は11月21日、岡山県井原市の井原運動公園競技場を発着とする、男子7区間42.195㎞、女子5区間21.0975㎞で行われ、男女ともに倉敷(岡山)が優勝を飾った。タイムは男子が2時間3分45秒の大会新、女子は1時間10分54秒だった。

男子では1区の山内一宏が1位と13秒差の4位で滑り出すと、2区の生田鼓太郎で2位に浮上。続く3区でイヌマエル・キプチルチルが23分07秒の区間賞で首位に立つと、4区以降もすべて区間賞を獲得し、2位に4分以上の大差をつけて6年連続17回目の優勝を飾った。2位には西京(山口)が入り、広島県大会2位の西条農が3位と健闘した。

女子は県大会2位の倉敷と、県大会を制して全国出場を決めた興譲館の岡山勢が優勝争いを展開。倉敷は4区終了時点で首位の興譲館と46秒差の2位につけていたが、アンカーのジャネット・ニーヴァが興譲館のチェボティビン・カドゴを逆転し、県大会の雪辱を果たした。興譲館は1時間11分25秒で2位。3位には平田(島根)が入った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com