HOME ニュース、国内

2021.11.21

佐藤圭汰が3000mで7分50秒81の日本高校最高! 従来の記録を8秒以上更新/京都陸協記録会
佐藤圭汰が3000mで7分50秒81の日本高校最高! 従来の記録を8秒以上更新/京都陸協記録会

佐藤圭汰(洛南高)


11月21日に京都市の西京極補助競技場で行われた第9回京都陸協記録会の男子3000mで佐藤圭汰(洛南3京都)が7分50秒81をマーク。16年に遠藤日向(学法石川・福島)が出した日本高校最高記録(7分59秒18)を8秒37も更新しただけでなく、留学生のJ.カリウキが19年前に樹立した日本高校国内国際記録(7分51秒21)も上回った。また、このタイムは日本歴代では10位、U20日本歴代では今年6月に三浦龍司(順大)が出した7分48秒07に次ぐ歴代2位の快記録となった。

佐藤は7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会の1500mで3分37秒18と22年ぶりに日本高校記録を更新すると、10月の日体大長距離競技会では5000mで13分31秒19で走り、2種目で高校記録保持者となっていた。

広告の下にコンテンツが続きます

7月に1500mの高校記録を樹立した直後には、「1500mの高校記録が一番難しいと思っていたので、それが達成できたということは、5000mや3000mでも、絶対に(新記録樹立は)いけると思う」と話していた佐藤。今月7日に京都府高校駅伝の1区(10km)で29分15秒の区間賞を獲得した疲れを見せることなく、スタートからほぼ単独走となるなかで、有言実行の快挙を達成した。

■男子3000m高校歴代5傑(2021.11.21時点)
7.50.81 佐藤 圭汰(洛南3京都)   2021年
7.59.18 遠藤 日向(学法石川3福島) 2016年
8.04.99 大森龍之介(佐野日大3栃木) 2016年
8.05.82 佐藤 悠基(佐久長聖3長野) 2004年
8.06.44 吉居 大和(仙台育英3宮城) 2019年

■男子3000mU20日本歴代5傑(2021.11.21時点)
7.48.07 三浦 龍司(順大2)      2021年
7.50.81 佐藤 圭汰(洛南高3京都)   2021年
7.54.79 遠藤 日向(住友電工)     2017年
7.57.58 大野 龍二(旭化成)      2004年
8.04.99 大森龍之介(佐野日大高3栃木) 2016年

11月21日に京都市の西京極補助競技場で行われた第9回京都陸協記録会の男子3000mで佐藤圭汰(洛南3京都)が7分50秒81をマーク。16年に遠藤日向(学法石川・福島)が出した日本高校最高記録(7分59秒18)を8秒37も更新しただけでなく、留学生のJ.カリウキが19年前に樹立した日本高校国内国際記録(7分51秒21)も上回った。また、このタイムは日本歴代では10位、U20日本歴代では今年6月に三浦龍司(順大)が出した7分48秒07に次ぐ歴代2位の快記録となった。 佐藤は7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会の1500mで3分37秒18と22年ぶりに日本高校記録を更新すると、10月の日体大長距離競技会では5000mで13分31秒19で走り、2種目で高校記録保持者となっていた。 7月に1500mの高校記録を樹立した直後には、「1500mの高校記録が一番難しいと思っていたので、それが達成できたということは、5000mや3000mでも、絶対に(新記録樹立は)いけると思う」と話していた佐藤。今月7日に京都府高校駅伝の1区(10km)で29分15秒の区間賞を獲得した疲れを見せることなく、スタートからほぼ単独走となるなかで、有言実行の快挙を達成した。 ■男子3000m高校歴代5傑(2021.11.21時点) 7.50.81 佐藤 圭汰(洛南3京都)   2021年 7.59.18 遠藤 日向(学法石川3福島) 2016年 8.04.99 大森龍之介(佐野日大3栃木) 2016年 8.05.82 佐藤 悠基(佐久長聖3長野) 2004年 8.06.44 吉居 大和(仙台育英3宮城) 2019年 ■男子3000mU20日本歴代5傑(2021.11.21時点) 7.48.07 三浦 龍司(順大2)      2021年 7.50.81 佐藤 圭汰(洛南高3京都)   2021年 7.54.79 遠藤 日向(住友電工)     2017年 7.57.58 大野 龍二(旭化成)      2004年 8.04.99 大森龍之介(佐野日大高3栃木) 2016年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2023.12.02

廣中璃梨佳は駅伝直後の5000mで15分07秒43 翌週の日本選手権1万mに弾み/日体大NCG

第311回日体大長距離競技会兼第7回NITTAIDAI Challenge Gamesが12月2日に行われ、NCG女子5000mに日本記録(14分29秒18)保持者の田中希実(New Balance)と前日本記録保持者( […]

NEWS 田中希実 オフ明け5000m15分07秒40「自己ベストとの格差が出てしまった」と悔しさ見せる/日体大NCG

2023.12.02

田中希実 オフ明け5000m15分07秒40「自己ベストとの格差が出てしまった」と悔しさ見せる/日体大NCG

第311回日体大長距離競技会兼第7回NITTAIDAI Challenge Gamesが12月2日に行われ、NCG女子5000mに日本記録(14分29秒18)保持者の田中希実(New Balance)と前日本記録保持者( […]

NEWS 【Playback箱根駅伝】第5回/最終区で明大・八島健三が五輪マラソン代表の意地! 東京高師をかわして逆転V

2023.12.02

【Playback箱根駅伝】第5回/最終区で明大・八島健三が五輪マラソン代表の意地! 東京高師をかわして逆転V

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの) […]

NEWS 鹿屋体大が25年ぶり九州王者に!! 6区・小手川聖修の区間賞で逆転 来年の出雲駅伝出場権も獲得/島原学生駅伝

2023.12.02

鹿屋体大が25年ぶり九州王者に!! 6区・小手川聖修の区間賞で逆転 来年の出雲駅伝出場権も獲得/島原学生駅伝

12月2日、第41回九州学生駅伝が長崎県島原市の市営競技場を出発して、島原文化会館にフィニッシュする7区間57.75kmのコースで行われ、鹿屋体大が3時間4分56秒で25年ぶり8回目の優勝を果たした。 前回大会2位の鹿屋 […]

NEWS 女子は福岡大が9連覇達成! 全区間区間賞の完全V/島原学生駅伝

2023.12.02

女子は福岡大が9連覇達成! 全区間区間賞の完全V/島原学生駅伝

12月2日、第23回九州学生女子駅伝(5区間22.8km)が長崎県島原市で行われ、福岡大が1時間19分35秒でコロナ禍で中止となった20回大会を挟み、9大会連続11回目の優勝を果たした。 福岡大は1区(4.26km)で坂 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2023年12月号 (11月14日発売)

2023年12月号 (11月14日発売)

全日本大学駅伝
MGC
北口榛花、田中希実インタビュー

page top