HOME ニュース、国内

2021.11.21

佐藤圭汰が3000mで7分50秒81の日本高校最高! 従来の記録を8秒以上更新/京都陸協記録会
佐藤圭汰が3000mで7分50秒81の日本高校最高! 従来の記録を8秒以上更新/京都陸協記録会

佐藤圭汰(洛南高)


11月21日に京都市の西京極補助競技場で行われた第9回京都陸協記録会の男子3000mで佐藤圭汰(洛南3京都)が7分50秒81をマーク。16年に遠藤日向(学法石川・福島)が出した日本高校最高記録(7分59秒18)を8秒37も更新しただけでなく、留学生のJ.カリウキが19年前に樹立した日本高校国内国際記録(7分51秒21)も上回った。また、このタイムは日本歴代では10位、U20日本歴代では今年6月に三浦龍司(順大)が出した7分48秒07に次ぐ歴代2位の快記録となった。

佐藤は7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会の1500mで3分37秒18と22年ぶりに日本高校記録を更新すると、10月の日体大長距離競技会では5000mで13分31秒19で走り、2種目で高校記録保持者となっていた。

7月に1500mの高校記録を樹立した直後には、「1500mの高校記録が一番難しいと思っていたので、それが達成できたということは、5000mや3000mでも、絶対に(新記録樹立は)いけると思う」と話していた佐藤。今月7日に京都府高校駅伝の1区(10km)で29分15秒の区間賞を獲得した疲れを見せることなく、スタートからほぼ単独走となるなかで、有言実行の快挙を達成した。

■男子3000m高校歴代5傑(2021.11.21時点)
7.50.81 佐藤 圭汰(洛南3京都)   2021年
7.59.18 遠藤 日向(学法石川3福島) 2016年
8.04.99 大森龍之介(佐野日大3栃木) 2016年
8.05.82 佐藤 悠基(佐久長聖3長野) 2004年
8.06.44 吉居 大和(仙台育英3宮城) 2019年

■男子3000mU20日本歴代5傑(2021.11.21時点)
7.48.07 三浦 龍司(順大2)      2021年
7.50.81 佐藤 圭汰(洛南高3京都)   2021年
7.54.79 遠藤 日向(住友電工)     2017年
7.57.58 大野 龍二(旭化成)      2004年
8.04.99 大森龍之介(佐野日大高3栃木) 2016年

11月21日に京都市の西京極補助競技場で行われた第9回京都陸協記録会の男子3000mで佐藤圭汰(洛南3京都)が7分50秒81をマーク。16年に遠藤日向(学法石川・福島)が出した日本高校最高記録(7分59秒18)を8秒37も更新しただけでなく、留学生のJ.カリウキが19年前に樹立した日本高校国内国際記録(7分51秒21)も上回った。また、このタイムは日本歴代では10位、U20日本歴代では今年6月に三浦龍司(順大)が出した7分48秒07に次ぐ歴代2位の快記録となった。 佐藤は7月のホクレン・ディスタンスチャレンジ千歳大会の1500mで3分37秒18と22年ぶりに日本高校記録を更新すると、10月の日体大長距離競技会では5000mで13分31秒19で走り、2種目で高校記録保持者となっていた。 7月に1500mの高校記録を樹立した直後には、「1500mの高校記録が一番難しいと思っていたので、それが達成できたということは、5000mや3000mでも、絶対に(新記録樹立は)いけると思う」と話していた佐藤。今月7日に京都府高校駅伝の1区(10km)で29分15秒の区間賞を獲得した疲れを見せることなく、スタートからほぼ単独走となるなかで、有言実行の快挙を達成した。 ■男子3000m高校歴代5傑(2021.11.21時点) 7.50.81 佐藤 圭汰(洛南3京都)   2021年 7.59.18 遠藤 日向(学法石川3福島) 2016年 8.04.99 大森龍之介(佐野日大3栃木) 2016年 8.05.82 佐藤 悠基(佐久長聖3長野) 2004年 8.06.44 吉居 大和(仙台育英3宮城) 2019年 ■男子3000mU20日本歴代5傑(2021.11.21時点) 7.48.07 三浦 龍司(順大2)      2021年 7.50.81 佐藤 圭汰(洛南高3京都)   2021年 7.54.79 遠藤 日向(住友電工)     2017年 7.57.58 大野 龍二(旭化成)      2004年 8.04.99 大森龍之介(佐野日大高3栃木) 2016年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top