HOME 高校

2021.11.21

男女ともに最終区で逆転 男子は大牟田が7大会ぶりのV、女子は神村学園が5大会連続優勝/全九州高校駅伝
男女ともに最終区で逆転 男子は大牟田が7大会ぶりのV、女子は神村学園が5大会連続優勝/全九州高校駅伝

全九州高校駅伝は11月20日、佐賀市のスポーツパーク川副を発着点として行われた。昨年はコロナ禍で中止となり2年ぶりの開催。男子(7区間42.195km)は福岡県大会で3位に終わった大牟田が2時間5分08秒で7大会ぶり24回目の優勝を果たし、女子(5区間21.0975km)は鹿児島県大会1位の神村学園が1時間7分57秒で5大会連続9回目の九州女王に輝いた。

大牟田は1区でトップから5秒差の3位につけると、2区の青木龍翔(2年)が区間賞で首位中継。3区の馬場賢人(3年)も区間賞でリードを広げた。4区(8.0875km)では、6日前に5000mで13分18秒75をマークした大分東明(大分)のダニエル・ディリツ(2年)が22分31秒の区間新で、2位に後退したが、最終区で逆転。アンカーの花本史龍(2年)が32秒のビハインドをひっくり返した。

広告の下にコンテンツが続きます

大分東明は12秒差の2位。3位には、1区・間瀬田純平(3年)が区間賞を獲得した地元の鳥栖工が入った。ここまでが北九州勢で、鹿児島県大会を初優勝した出水中央が南九州勢最上位の4位に食い込んだ。

神村学園は2区終了時で先頭の筑紫女学園(福岡)と38秒差の2位だったが、ここから反撃。特に4区の野見山紋圭(3年)が区間賞で10秒差まで迫ると、アンカーのカリバ・カロライン(1年)も区間賞で逆転した。2位に終わった筑紫女学園だったが、1時間8分34秒と好タイムをマーク。1区(6km)の柳樂あずみ(3年)が18分46秒の区間新、2区の西山英莉(3年)が区間賞と好走した。3位は福岡県大会優勝の北九州市立だった。

全九州高校駅伝は11月20日、佐賀市のスポーツパーク川副を発着点として行われた。昨年はコロナ禍で中止となり2年ぶりの開催。男子(7区間42.195km)は福岡県大会で3位に終わった大牟田が2時間5分08秒で7大会ぶり24回目の優勝を果たし、女子(5区間21.0975km)は鹿児島県大会1位の神村学園が1時間7分57秒で5大会連続9回目の九州女王に輝いた。 大牟田は1区でトップから5秒差の3位につけると、2区の青木龍翔(2年)が区間賞で首位中継。3区の馬場賢人(3年)も区間賞でリードを広げた。4区(8.0875km)では、6日前に5000mで13分18秒75をマークした大分東明(大分)のダニエル・ディリツ(2年)が22分31秒の区間新で、2位に後退したが、最終区で逆転。アンカーの花本史龍(2年)が32秒のビハインドをひっくり返した。 大分東明は12秒差の2位。3位には、1区・間瀬田純平(3年)が区間賞を獲得した地元の鳥栖工が入った。ここまでが北九州勢で、鹿児島県大会を初優勝した出水中央が南九州勢最上位の4位に食い込んだ。 神村学園は2区終了時で先頭の筑紫女学園(福岡)と38秒差の2位だったが、ここから反撃。特に4区の野見山紋圭(3年)が区間賞で10秒差まで迫ると、アンカーのカリバ・カロライン(1年)も区間賞で逆転した。2位に終わった筑紫女学園だったが、1時間8分34秒と好タイムをマーク。1区(6km)の柳樂あずみ(3年)が18分46秒の区間新、2区の西山英莉(3年)が区間賞と好走した。3位は福岡県大会優勝の北九州市立だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top