月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪10000m銅メダルのキプリモがハーフで世界新!従来の記録を1秒上回る57分31秒/リスボン・ハーフ


リスボン・ハーフマラソンが11月21日、ポルトガルの当地で行われ、男子でジェイコブ・キプリモ(ウガンダ)が57分31秒の世界新記録で優勝した。従来の記録は昨年12月にK.カンディエ(ケニア)がスペイン・バレンシアで樹立した57分32秒。

1週間前に21歳を迎えたばかりのキプリモは、17年の世界クロスカントリー選手権のU20の部で優勝するなど早くから世界的な注目を集めていたホープ。昨年の世界ハーフマラソン選手権では58分49秒の大会新記録で優勝し、カンディエが世界記録を出した大会では57分37秒で2位に入っていた。

今年8月の東京五輪では10000mで銅メダルを獲得、5000mでも5位に入るなど、ロード、トラック、クロスカントリーと走路を問わずに活躍を続けている。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com