HOME ニュース、海外

2021.10.22

「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」の男子ノミネート10選手が発表! キプチョゲ、ワルホルムら
「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」の男子ノミネート10選手が発表! キプチョゲ、ワルホルムら

世界陸連(WA)は10月21日、ワールド・アスレティクス・アワード2021の最優秀選手に贈られる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」の男子ノミネート選手を10名発表した。ノミネート選手と主な実績は以下の通り。

●J.チェプテゲイ(ウガンダ)
東京五輪5000m金メダル、10000m銀メダル。2マイルで今季世界最高(8分09秒55)

●R.クルーザー(米国)
砲丸投で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、今季無敗、室内(22m82)ならびに屋外(23m37)での世界記録樹立

●A.デュプランティス(スウェーデン)
棒高跳で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、欧州室内選手権優勝

●J.インゲブリグトセン(ノルウェー)
1500mで東京五輪金メダル、欧州室内選手権優勝。1500m(3分28秒32)ならびに5000m(12分48秒45)で欧州記録樹立

●E.キプチョゲ(ケニア)
マラソンで東京五輪金メダル(1972年以降で2位に最も大差をつけた/1分20秒差)、エンスヘデ・マラソン優勝

●P.ピチャルド(ポルトガル)
三段跳で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、欧州室内選手権優勝

●D.ストール(スウェーデン)
円盤投で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、今季世界最高(71m40)

●M.テントグルー(ギリシャ)
走幅跳で東京五輪金メダル、欧州室内選手権優勝。今季世界最高(8m60)

●D.ワーナー(カナダ)
十種競技で東京五輪金メダル、ゲツィス・ハイポ・ミーティング優勝、五輪記録ならびにカナダ記録を更新(9018点/世界歴代4位)

●K.ワルホルム(ノルウェー)
400mハードルで東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝。世界記録樹立(45秒94)、300mハードル世界最高記録(33秒26)

以上の10名。SNSでファン投票も行われている。Twitterのリツイート、InstagramとFacebookでのLIKE機能を使って投票が可能。11月6日に投票は締め切られ、5名のファイナルリストが発表される予定。受賞者は12月に発表される。

昨年は男子棒高跳で世界記録を樹立したA.デュプランティス(スウェーデン)が、当時21歳で最年少受賞を果たした。

女子のノミネート選手10名は22日に公表される。

世界陸連(WA)は10月21日、ワールド・アスレティクス・アワード2021の最優秀選手に贈られる「ワールド・アスリート・オブ・ザ・イヤー」の男子ノミネート選手を10名発表した。ノミネート選手と主な実績は以下の通り。 ●J.チェプテゲイ(ウガンダ) 東京五輪5000m金メダル、10000m銀メダル。2マイルで今季世界最高(8分09秒55) ●R.クルーザー(米国) 砲丸投で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、今季無敗、室内(22m82)ならびに屋外(23m37)での世界記録樹立 ●A.デュプランティス(スウェーデン) 棒高跳で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、欧州室内選手権優勝 ●J.インゲブリグトセン(ノルウェー) 1500mで東京五輪金メダル、欧州室内選手権優勝。1500m(3分28秒32)ならびに5000m(12分48秒45)で欧州記録樹立 ●E.キプチョゲ(ケニア) マラソンで東京五輪金メダル(1972年以降で2位に最も大差をつけた/1分20秒差)、エンスヘデ・マラソン優勝 ●P.ピチャルド(ポルトガル) 三段跳で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、欧州室内選手権優勝 ●D.ストール(スウェーデン) 円盤投で東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝、今季世界最高(71m40) ●M.テントグルー(ギリシャ) 走幅跳で東京五輪金メダル、欧州室内選手権優勝。今季世界最高(8m60) ●D.ワーナー(カナダ) 十種競技で東京五輪金メダル、ゲツィス・ハイポ・ミーティング優勝、五輪記録ならびにカナダ記録を更新(9018点/世界歴代4位) ●K.ワルホルム(ノルウェー) 400mハードルで東京五輪金メダル、ダイヤモンドリーグ優勝。世界記録樹立(45秒94)、300mハードル世界最高記録(33秒26) 以上の10名。SNSでファン投票も行われている。Twitterのリツイート、InstagramとFacebookでのLIKE機能を使って投票が可能。11月6日に投票は締め切られ、5名のファイナルリストが発表される予定。受賞者は12月に発表される。 昨年は男子棒高跳で世界記録を樹立したA.デュプランティス(スウェーデン)が、当時21歳で最年少受賞を果たした。 女子のノミネート選手10名は22日に公表される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top