月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

一関学院が全区間区間賞で27年連続31回目のV 女子は盛岡誠桜が15連覇/岩手県高校駅伝


年末の全国高校駅伝(12月26日/京都)の出場を懸けた岩手県高校駅伝は10月21日、イーハトーブ花巻ハーフマラソンコースで行われ、男子(7区間42.195km)は一関学院が2時間8分21秒で27年連続31回目、女子(5区間21.0975km)は盛岡誠桜が1時間14分01秒で15年連続15回目の優勝を果たし、全国大会の出場権を手にした。

男子の一関学院は全区間区間賞で2位との差も4分以上の圧勝だった。特に、昨年の全国高校大会5000m4位の鈴木天智(3年)が1区(10km)で29分45秒の区間新記録。後続に1分27秒差をつけると、3区(8.1075km)でも中澤星音(3年)が24分13秒の区間新をマークした。

女子の盛岡誠桜は1区(6km)の田中希歩(2年)が区間賞で好スタートを切ると、2区終了時で2位に1分42秒ものリード。3~5区は、前回10秒差で2位と敗れた花巻東の3連続区間賞で追い上げられたが、前半の大量リードで首位をがっちりと守った。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com