月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

順大・三浦龍司は変更可能な補員登録、東京国際大はアンカーにヴィンセント、東洋大はルーキー・石田が5区/出雲駅伝


第33回出雲全日本大学選抜駅伝(10月10日/島根県出雲市)を翌日に控えた10月9日、出場チームのオーダーが発表された。

大会は20チームが参加して6区間45.1kmで行われる。昨年がコロナ禍で中止となったため、2年ぶりの開催。今回は大会当日でも最大2名まで補欠から選手を変更することができる。

注目どころでは、順大が東京五輪3000m障害7位入賞の三浦龍司を当日交代できる補員登録。勝負区間で起用されるか。他の大学駅伝に比べて距離の短い出雲は、三浦の長所がより生きるだろう。

また、初出場ながら優勝を狙う東京国際大は最長区間の最終6区(10.2km)に留学生のイェゴン・ヴィンセントを起用。箱根駅伝で2区と3区で区間記録を持つ爆発力は、他チームにとって大きなプレッシャーとなるはずだ。日本人エースの丹所健は3区(8.5km)に登録された。同じく出雲初出場で箱根2位の創価大は嶋津雄大がアンカーを務める見込み。

東洋大は5区(6.4km)にスーパールーキーの石田洸介を配置。昨年、5000mで高校記録(13分34秒74)を打ち立てた走力をどこまで発揮できるか。早大は10000mで27分台を持つ3人が各区間に配置され、2区(5.8km)に井川龍人、3区(8.5km)に太田直希、アンカーに中谷雄飛が入った。今季好調の千明龍之佑は補員登録となっている。

この他、関西学院大は日本インカレ10000mで日本人トップの5位に入った上田颯汰を1区(8.0km)に配置。ロードでも関東勢を抑えることができるか。初出場の北海道大は日本選手権1500m4位の高橋佑輔が2区に入った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com