月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

青学大は3年ぶりの頂点を目指してインカレ5000m王者の近藤を1区、2年生の佐藤一世を3区に配置/出雲駅伝


第33回出雲全日本大学選抜駅伝(10月10日/島根県出雲市)を翌日に控えた10月9日、出場チームのオーダーが発表された。

大会は20チームが参加して6区間45.1kmで行われる。昨年がコロナ禍で中止となったため、2年ぶりの開催。今回は大会当日でも最大2名まで補欠から選手を変更することができる。

昨年の箱根を制し、今季も厚い選手層を誇る青学大は1区(8.0km)に日本インカレ5000m優勝の近藤幸太郎を起用した。また、2区(5.8km)には4年生の飯田貴之。中盤の要となる3区(8.5km)には、昨年の全日本大学駅伝5区区間新や、19年全国高校駅伝1区区間賞など実績のある2年生・佐藤一世を配置している。

また、当日交代ができる補員には、今年の箱根駅伝6区区間3位の高橋勇輝と、今年の関東インカレ2部ハーフ王者の西久保遼が登録された。

3年ぶりの出雲制覇に向けて、原晋監督がどんな手を打ってくるかにも注目だ。

●青学大 出雲駅伝暫定オーダー
1区 近藤幸太郎(3年)
2区 飯田貴之(4年)
3区 佐藤一世(2年)
4区 若林宏樹(1年)
5区 目片将大(3年)
6区 横田俊吾(3年)

補員 高橋勇輝(4年)
補員 西久保遼(3年)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com