HOME 海外

2021.09.19

男子100mでブロメルが世界歴代6位タイの9秒76 オマニャラも9秒77の世界歴代8位 /WAコンチネンタル・ツアー
男子100mでブロメルが世界歴代6位タイの9秒76 オマニャラも9秒77の世界歴代8位 /WAコンチネンタル・ツアー

T.ブロメル(2021年東京五輪)

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドの今季最終戦となる「キップ・ケイノ・クラシック」が9月18日、ケニア・ナイロビで行われ、男子100mでT.ブロメル(米国)が世界歴代6位タイの9秒76(+1.2)で優勝を飾った。また、地元ケニアのF.オマニャラが世界歴代8位となる9秒77で2位に入り、アフリカ新記録を樹立した。

ブロメルは6月に9秒77の世界歴代7位(当時)をマークし、米国の五輪選考会も制して東京五輪では金メダル候補の筆頭にもあげられていた。しかし、五輪本番では予選を10秒05の4着で通過すると、準決勝でも10秒00(3着)と精細を欠いて敗退。1走を務めた4×100mリレーでも予選落ちとなり、苦戦を強いられた米国男子スプリント勢の象徴ともなってしまった。五輪後のダイヤモンドリーグでも優勝を逃していたが、レースではスタートからのスムーズな加速でリードを奪って、好記録につなげた。

2位のオマニャラは東京五輪では準決勝で10秒00のケニア記録を樹立。決勝進出はならなかったが、直後の8月14日にオーストリアで行われた競技会で9秒96、9秒86と立て続けに記録を更新していた。昨年までのベスト記録が10秒32と無名の存在から、1年で一気に世界のトップスプリンターへと駆け上がった。

このほかの種目では東京五輪のメダリストが活躍。男子3000m障害では金メダリストのS.エル・バッカリ(モロッコ)が8分21秒20で貫禄勝ち。男子200mでは100m銀メダリストのF.カーリー(米国)が自己新の19秒76(+2.0)で優勝し、女子200mでも同種目で銀メダルを獲得したC.ムボマ(ナミビア)が22秒39(+0.2)で快勝した。

■男子100m世界歴代10傑[2021.9.18時点]
9.58(+0.9) U.ボルト(ジャマイカ)  2009年
9.69(+2.0) T.ゲイ(米国)      2009年
9.69(-0.1) Y.ブレイク(ジャマイカ) 2012年
9.72(+0.2) A.パウエル(ジャマイカ) 2008年
9.74(+0.9) J.ガトリン(米国)    2015年
9.76(+0.6) C.コールマン(米国)   2019年
9.76A(+1.2) T.ブロメル(米国)    2021年
9.77A(+1.2) F.オマニャラ(ケニア)  2021年
9.78(+0.9) N.カーター(ジャマイカ) 2010年
9.79(+0.1) M.グリーン(米国)    1999年
A=1000m以上の高地記録

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドの今季最終戦となる「キップ・ケイノ・クラシック」が9月18日、ケニア・ナイロビで行われ、男子100mでT.ブロメル(米国)が世界歴代6位タイの9秒76(+1.2)で優勝を飾った。また、地元ケニアのF.オマニャラが世界歴代8位となる9秒77で2位に入り、アフリカ新記録を樹立した。 ブロメルは6月に9秒77の世界歴代7位(当時)をマークし、米国の五輪選考会も制して東京五輪では金メダル候補の筆頭にもあげられていた。しかし、五輪本番では予選を10秒05の4着で通過すると、準決勝でも10秒00(3着)と精細を欠いて敗退。1走を務めた4×100mリレーでも予選落ちとなり、苦戦を強いられた米国男子スプリント勢の象徴ともなってしまった。五輪後のダイヤモンドリーグでも優勝を逃していたが、レースではスタートからのスムーズな加速でリードを奪って、好記録につなげた。 2位のオマニャラは東京五輪では準決勝で10秒00のケニア記録を樹立。決勝進出はならなかったが、直後の8月14日にオーストリアで行われた競技会で9秒96、9秒86と立て続けに記録を更新していた。昨年までのベスト記録が10秒32と無名の存在から、1年で一気に世界のトップスプリンターへと駆け上がった。 このほかの種目では東京五輪のメダリストが活躍。男子3000m障害では金メダリストのS.エル・バッカリ(モロッコ)が8分21秒20で貫禄勝ち。男子200mでは100m銀メダリストのF.カーリー(米国)が自己新の19秒76(+2.0)で優勝し、女子200mでも同種目で銀メダルを獲得したC.ムボマ(ナミビア)が22秒39(+0.2)で快勝した。 ■男子100m世界歴代10傑[2021.9.18時点] 9.58(+0.9) U.ボルト(ジャマイカ)  2009年 9.69(+2.0) T.ゲイ(米国)      2009年 9.69(-0.1) Y.ブレイク(ジャマイカ) 2012年 9.72(+0.2) A.パウエル(ジャマイカ) 2008年 9.74(+0.9) J.ガトリン(米国)    2015年 9.76(+0.6) C.コールマン(米国)   2019年 9.76A(+1.2) T.ブロメル(米国)    2021年 9.77A(+1.2) F.オマニャラ(ケニア)  2021年 9.78(+0.9) N.カーター(ジャマイカ) 2010年 9.79(+0.1) M.グリーン(米国)    1999年 A=1000m以上の高地記録

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top