月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子100mでブロメルが世界歴代6位タイの9秒76 オムルワも9秒77の世界歴代8位 /WAコンチネンタル・ツアー


世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドの今季最終戦となる「キップ・ケイノ・クラシック」が9月18日、ケニア・ナイロビで行われ、男子100mでT.ブロメル(米国)が世界歴代6位タイの9秒76(+1.2)で優勝を飾った。また、地元ケニアのF.オムルワが世界歴代8位となる9秒77で2位に入り、アフリカ新記録を樹立した。

ブロメルは6月に9秒77の世界歴代7位(当時)をマークし、米国の五輪選考会も制して東京五輪では金メダル候補の筆頭にもあげられていた。しかし、五輪本番では予選を10秒05の4着で通過すると、準決勝でも10秒00(3着)と精細を欠いて敗退。1走を務めた4×100mリレーでも予選落ちとなり、苦戦を強いられた米国男子スプリント勢の象徴ともなってしまった。五輪後のダイヤモンドリーグでも優勝を逃していたが、レースではスタートからのスムーズな加速でリードを奪って、好記録につなげた。

2位のオムルワは東京五輪では準決勝で10秒00のケニア記録を樹立。決勝進出はならなかったが、直後の8月14日にオーストリアで行われた競技会で9秒96、9秒86と立て続けに記録を更新していた。昨年までのベスト記録が10秒32と無名の存在から、1年で一気に世界のトップスプリンターへと駆け上がった。

このほかの種目では東京五輪のメダリストが活躍。男子3000m障害では金メダリストのS.エル・バッカリ(モロッコ)が8分21秒20で貫禄勝ち。男子200mでは100m銀メダリストのF.カーリー(米国)が自己新の19秒76(+2.0)で優勝し、女子200mでも同種目で銀メダルを獲得したC.ムボマ(ナミビア)が22秒39(+0.2)で快勝した。

■男子100m世界歴代10傑[2021.9.18時点]
9.58(+0.9) U.ボルト(ジャマイカ)  2009年
9.69(+2.0) T.ゲイ(米国)      2009年
9.69(-0.1) Y.ブレイク(ジャマイカ) 2012年
9.72(+0.2) A.パウエル(ジャマイカ) 2008年
9.74(+0.9) J.ガトリン(米国)    2015年
9.76(+0.6) C.コールマン(米国)   2019年
9.76A(+1.2) T.ブロメル(米国)    2021年
9.77A(+1.2) F.オムルワ(ケニア)   2021年
9.78(+0.9) N.カーター(ジャマイカ) 2010年
9.79(+0.1) M.グリーン(米国)    1999年
A=1000m以上の高地記録



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com