HOME 東京五輪、日本代表、五輪
マラソン・大迫傑 現役ラストランで見せた「100点満点の頑張りができた」
マラソン・大迫傑 現役ラストランで見せた「100点満点の頑張りができた」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

広告の下にコンテンツが続きます

陸上競技10日目モーニングセッション、陸上競技最後の種目となる男子マラソンが札幌市で行われ、このレースを「現役ラストラン」に掲げていた大迫傑(Nike)が魂の走りを披露した。

「集団前方はペースの上げ下げが激しいことが分かっていたので、レース前半は少しでも(体力を)温存できるように、集団後方で対応することを考えて走りました」

日本のエースは、5km15分17秒、10km30分53秒というゆったりとしたペースで進んだ大集団の後方でレースを進める。給水の度にキャップを取り換えるなど、ときおり身体を冷やす。そこにはいつも通りに冷静な大迫がいた。

30km通過時(1時間32分31秒)で先頭集団は大迫を含む11人。30.5付近から世界記録保持者E.キプチョゲ(ケニア)がペースを上げると、集団はバラバラになった。

広告の下にコンテンツが続きます

大迫は8番手に振り落とされるが、36km手前で2人をかわして、6位に浮上。その後も約100m先にいた4人の2位集団を懸命に追いかけた。終盤は右脇腹を抑えるシーンもあり、39km付近では脚もつりそうになった。痛みに打ち勝った大迫は、フィニッシュが近づくと沿道に手を上げて、2時間10分41秒の6位でフィニッシュ。ロンドン五輪の中本健太郎以来、2大会ぶりの入賞を果たした。

「無理に3位以内を狙ってしまうと大きく崩れる心配がある。一つひとつ自分の対応できる範囲で身体と相談しながら走りました。6位に上がった後も前を追いかけたんですけど、15秒差くらいから縮まらなかったので、確実に6位で粘り切ろうと走り抜きました。100点満点の頑張りができたのかなと思います」

涙をタオルで抑えながらテレビインタビューに応える姿が印象的だった。「まっすぐ進んできた部分があったと思うので、これからも競技以外でもしっかりとまっすぐに進んでいきたい。次の世代の人が頑張れば、今回の6位から絶対にメダル争いに絡めるところにいけるので、次は後輩たちの番だと思います。僕はその手伝いができれば」と語った。

稀代のランナー大迫が東京五輪で見せた激走と、これまでのアクションの数々は、日本マラソン界を大きくステップアップさせるものになったことだろう。

広告の下にコンテンツが続きます
写真/時事 ◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目 陸上競技10日目モーニングセッション、陸上競技最後の種目となる男子マラソンが札幌市で行われ、このレースを「現役ラストラン」に掲げていた大迫傑(Nike)が魂の走りを披露した。 「集団前方はペースの上げ下げが激しいことが分かっていたので、レース前半は少しでも(体力を)温存できるように、集団後方で対応することを考えて走りました」 日本のエースは、5km15分17秒、10km30分53秒というゆったりとしたペースで進んだ大集団の後方でレースを進める。給水の度にキャップを取り換えるなど、ときおり身体を冷やす。そこにはいつも通りに冷静な大迫がいた。 30km通過時(1時間32分31秒)で先頭集団は大迫を含む11人。30.5付近から世界記録保持者E.キプチョゲ(ケニア)がペースを上げると、集団はバラバラになった。 大迫は8番手に振り落とされるが、36km手前で2人をかわして、6位に浮上。その後も約100m先にいた4人の2位集団を懸命に追いかけた。終盤は右脇腹を抑えるシーンもあり、39km付近では脚もつりそうになった。痛みに打ち勝った大迫は、フィニッシュが近づくと沿道に手を上げて、2時間10分41秒の6位でフィニッシュ。ロンドン五輪の中本健太郎以来、2大会ぶりの入賞を果たした。 「無理に3位以内を狙ってしまうと大きく崩れる心配がある。一つひとつ自分の対応できる範囲で身体と相談しながら走りました。6位に上がった後も前を追いかけたんですけど、15秒差くらいから縮まらなかったので、確実に6位で粘り切ろうと走り抜きました。100点満点の頑張りができたのかなと思います」 涙をタオルで抑えながらテレビインタビューに応える姿が印象的だった。「まっすぐ進んできた部分があったと思うので、これからも競技以外でもしっかりとまっすぐに進んでいきたい。次の世代の人が頑張れば、今回の6位から絶対にメダル争いに絡めるところにいけるので、次は後輩たちの番だと思います。僕はその手伝いができれば」と語った。 稀代のランナー大迫が東京五輪で見せた激走と、これまでのアクションの数々は、日本マラソン界を大きくステップアップさせるものになったことだろう。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.24

国公立27大学対校駅伝 男子は中盤から抜け出した信州大がV 女子は群馬大が2区以降独走で制す

第20回国公立27大学対校駅伝は2月24日、埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園で行われ、国公立大がタスキを男子対校(6区間38.54km)は信州大が1時間55分45秒で、女子対校(4区間16.24km)は群馬大が59分2 […]

NEWS ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

2024.02.24

ユニクロが康本花梨の退職を発表 2013年全国高校駅伝3位メンバー 800mで全日本実業団入賞、昨年は自己ベスト更新

ユニクロは2月24日、SNSを更新し、女子中距離の康本花梨が退部、退職したと発表した。 兵庫県出身の康本は実業団5年目。高校時代(兵庫・須磨学園高)は2年時の2013年全国高校駅伝で3区を務め、チームは3位に入った。15 […]

NEWS 髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

2024.02.24

髙橋渚が走高跳日本歴代8位の1m87 真野友博2m27 本郷汰樹100m10秒22 200mは西裕大20秒55w 鶴田玲美23秒06w/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズラベルのインターナショナル・トラック・ミート2024が2月24日、ニュージーランドのクライストチャーチで行われ、日本から男女28人が出場。女子走高跳では髙橋渚(センコー)が日 […]

NEWS 折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

折田壮太「高校3年間の最後、やりきった思えるレースに」武田胡春「上位入賞して世界目指したい」/U20日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 U20男子8kmに出場する折田壮太(須磨学園高3兵庫)は「 […]

NEWS 田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

2024.02.24

田中希実はシニア2kmに出場「すごく良い状態で準備はできた」目標は世界クロカン代表入り/日本選手権クロカン前日会見

第107回日本選手権クロスカントリー、第39回U20日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園)の前日会見が2月24日、福岡市内で行われた。 今大会は世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top