月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン・大迫傑 現役ラストランで見せた「100点満点の頑張りができた」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

陸上競技10日目モーニングセッション、陸上競技最後の種目となる男子マラソンが札幌市で行われ、このレースを「現役ラストラン」に掲げていた大迫傑(Nike)が魂の走りを披露した。

「集団前方はペースの上げ下げが激しいことが分かっていたので、レース前半は少しでも(体力を)温存できるように、集団後方で対応することを考えて走りました」

日本のエースは、5km15分17秒、10km30分53秒というゆったりとしたペースで進んだ大集団の後方でレースを進める。給水の度にキャップを取り換えるなど、ときおり身体を冷やす。そこにはいつも通りに冷静な大迫がいた。

30km通過時(1時間32分31秒)で先頭集団は大迫を含む11人。30.5付近から世界記録保持者E.キプチョゲ(ケニア)がペースを上げると、集団はバラバラになった。

大迫は8番手に振り落とされるが、36km手前で2人をかわして、6位に浮上。その後も約100m先にいた4人の2位集団を懸命に追いかけた。終盤は右脇腹を抑えるシーンもあり、39km付近では脚もつりそうになった。痛みに打ち勝った大迫は、フィニッシュが近づくと沿道に手を上げて、2時間10分41秒の6位でフィニッシュ。ロンドン五輪の中本健太郎以来、2大会ぶりの入賞を果たした。

「無理に3位以内を狙ってしまうと大きく崩れる心配がある。一つひとつ自分の対応できる範囲で身体と相談しながら走りました。6位に上がった後も前を追いかけたんですけど、15秒差くらいから縮まらなかったので、確実に6位で粘り切ろうと走り抜きました。100点満点の頑張りができたのかなと思います」

涙をタオルで抑えながらテレビインタビューに応える姿が印象的だった。「まっすぐ進んできた部分があったと思うので、これからも競技以外でもしっかりとまっすぐに進んでいきたい。次の世代の人が頑張れば、今回の6位から絶対にメダル争いに絡めるところにいけるので、次は後輩たちの番だと思います。僕はその手伝いができれば」と語った。

稀代のランナー大迫が東京五輪で見せた激走と、これまでのアクションの数々は、日本マラソン界を大きくステップアップさせるものになったことだろう。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com