月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子マラソン・鈴木亜由子は19位「出し切った」ケガ乗り越えスタートライン


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目モーニングセッション、札幌市で女子マラソンが行われ、鈴木亜由子(日本郵政グループ)は2時間33分14秒で19位だった。

「苦しいレースではあった」。14km手前まで先頭集団の後方で粘っていた鈴木だが、15kmを過ぎて遅れ始める。北海道大学の構内に入ってから再び先頭集団の後方に追いつく。その後もまた後退し、30km付近では27番目。そこから巻き返しての19位フィニッシュだった。

リオ五輪では5000mと10000mの代表となったが、5000m12位、10000mはスタートラインに立てなかった。「その苦い経験があったから、今年は絶対にスタートラインに立つんだという思いでやってきました」。

1991年生まれの29歳。中学時代から全国タイトルを手にするなど、常に同世代のトップを走ってきた。だが、名古屋大では一時低迷。そこから這い上がり、再び日本のトップへ。19年の選考会だったマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)では2位で五輪切符をつかんだ。だが、その後はケガが長引き、レースから遠ざかった。

不安も多かったが、目標だった東京五輪のマラソンのスタートに立ったのは「リオ五輪の経験があったから」。何度遅れても「最後まで気持ちを切らさず、出し尽くそうと思って走りました。もう勝負はついていたんですけど、悔いを残さないように」。そのあきらめない姿は、これまでの鈴木が歩んできたキャリアを表現しているようだった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com