月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

一山麻緒、女子マラソン殊勲の4大会ぶり入賞!「これ以上頑張れないくらい走ってきた」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目モーニングセッション、札幌市で女子マラソンが行われた。当初は朝7時スタートの予定だったが、前日に急きょ暑さを考慮して1時間前倒しの6時スタート。ドタバタの中で始まったレースで、若きエースが快走する。

2019年のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で出場権を勝ち取った前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)、そして最後の切符を手にした24歳の一山麻緒(ワコール)の3人で臨んだ日本勢。その中で最年少の一山が2時間30分13秒で8位入賞を果たした。女子マラソンでは2004年アテネ五輪の野口みずきが金メダルを獲得して以来の入賞。

一山は序盤から冷静に先頭集団に食らいつく。30km以降は離れ始めたが、「できるだけ長く先頭集団に食らいつこう」と、最後まで粘り強く歩を進める。最後は両手を広げてフィニッシュした。

「9位よりは8位のほうがうれしかったので両手を広げて走りました。やっぱり世界の選手は暑くても強かった」。悔しさもあり、充実感もあり、そんな表情。「8位という結果でしたけど、朝早くから応援ありがとうございました」。

1997年生まれの24歳。鹿児島出身で、出水中央高ではインターハイ出場はあるが予選落ち。全国トップの成績を収めたわけではなかった。それでも2016年からワコールに入り、メキメキと成長。MGCでは2枠の出場権獲得はならなかったが、2020年名古屋ウィメンズで2時間20分29秒をマークして逆転で五輪切符をつかんだ。

昨年は5000m、10000mでも自己ベストを更新。今年1月の大阪国際女子マラソンでは男子ペースメーカーをつけて日本新に挑戦して2時間21分11秒をマーク。そこからケガもありながら本番に備えてきた。

レース前の会見では「いよいよ近づいてきたな、と緊張していますし、ビビっています」と緊張を隠せずにいたが、堂々と渡り合った一山。それを支えたのは永山忠幸監督の下で「もうこれ以上、頑張れないというくらい走ってきました」という練習をやり切った自信だった。

「走り終わった時にもう少しこうしておけばという後悔がないようにしたい」とスタートした一山。フィニッシュ後、「今日は勝てなかったですが悔いはないです」。日本女子マラソンの継承者として「勝ち」に行き、もぎ取った入賞だった。

まだ24歳。女子マラソン完全復活の日は近い。そう予感させる17年ぶりの入賞だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com