月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子マラソン・前田穂南は33位 1年延期で苦難続き「走りきることができてよかった」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技9日目

陸上競技9日目モーニングセッション、札幌市で女子マラソンが行われ、前田歩南(天満屋)は2時間35分28秒で33位だった。

序盤は「自分のリズムを作ってまわりに左右されないように」と先頭集団で積極的にレースを展開する。だが、中盤以降は後退し、浮上するきっかけをつかめないままフィニッシュを迎えた。

19年の選考会だったマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝して脚光を浴びた前田。薫英女学院高校時代は全国高校駅伝3年連続補欠だったランナーが東京五輪の切符をつかんだ。20年に入っても好調で、ハーフマラソンで日本記録を樹立。いざ、本番へ、という矢先に大会の延期が決まった。

「1年延期して調整、コンディション、モチベーションの維持が難しい時期もありました」と前田。20年後半以降は明らかに調子が崩れ、ケガも長引いた。1月の大阪国際女子マラソンでは男子ペースメーカーをつけて2時間23分30秒とまずまず復調したものの、その後もケガがあり、万全の状態とはいかなかった。

事前会見ではテスト大会となった5月5日の北海道・札幌マラソンフェスティバル(ハーフ1時間10分50秒)よりは「(調子は)戻ってきている」と話し、「スピードを戻す練習をしてきた」と語っていたが、「練習ができていない部分が出てしまった」と、力は発揮できなかった。

それでも、MGCから20年までの勢いと強さは本物。「このような状況下で開催していただいて、走りきれてよかったです。また次に向けて頑張りたい」。高校時代に補欠だった頃からコツコツと積み上げてきた前田なら、次のスタートラインのために再び努力を重ねて強くなる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com