月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

DAY8ハイライト/キピエゴンがハッサンの夢を砕く1500m連覇、5000m世界記録保持者チェプテゲイが貫禄!男子4継はイタリアが初金メダル


写真/時事

東京五輪の陸上競技8日目。五輪連覇を狙うF.キピエゴン(ケニア)か、それとも中長距離3冠を目指すS.ハッサン(オランダ)か。女子1500mの戦いはヒートアップした。

珍しく序盤からハッサンが先頭に立ち、400mを62秒84で通過する。キピエゴンが2番手で、田中希実(豊田自動織機TC)は5番手につけた。800mを2分07秒00で通過すると、先頭集団は6人に絞られる。

先頭のハッサンは1200mを3分09秒39で通過。キピエゴンがバックストレートで初めて前に出ると、残り200mから強烈なキック力を披露。五輪記録(3分53秒96)を塗り替える3分53秒11でこの種目2人目の五輪連覇を達成した。

2位はL.ミューアー(英国)で3分54秒50の自国新。ハッサンは3分55秒86の3位に終わった。田中は3分59秒95の8位に食い込み、この種目で日本人初出場入賞となった。

「2大会連続で金メダルを獲得できて、とても幸せです」とキピエゴン。「これは私が本当に期待していなかったものであり、私は神に感謝しています」と、連覇に向けて不安もあったようだ。それでも「本当に速いレースでしたが、最後は勝つことができました。しかも、五輪記録を樹立できてとてもうれしいです」と喜びを語る。

2019年ドーハ世界選手権はハッサンが3分51秒95の大会新で制して、キピエゴンは完敗。東京でリベンジを果たして、1500m女王が誰なのかを示したレースになった。

朝5時30分にスタートした男子50km競歩はD.トマラ(ポーランド)が3時間50分08秒で優勝。ポーランド勢としては4大会ぶりの金メダルに輝いた。16時30分スタートの女子20km競歩はA.パルミサーノ(イタリア)が1時間29分12秒で優勝。この種目ではイタリア勢初の金メダルで、アベックVになった。

イブニングセッションの男子5000mは、この種目と10000mで世界記録を持つJ.チェプテゲイ(ウガンダ)が12分58秒15で優勝。ラスト2周を59秒、52秒で突っ走り、10000mの雪辱を晴らした。女子400mはS.ミラー・ウイボ(バハマ)が48秒36のエリア記録で完勝。五輪連覇を果たしただけでなく、この種目ではアベックVとなった。アリソン・フェリックス(米国)が49秒46で3位を確保して、女子では五輪最多10個目のメダルを獲得した。女子やり投は劉詩穎(中国)が66m34を投げてアジア勢初の金メダルを手にした。女子4×100mリレーはジャマイカが自国新の41秒02で4大会ぶりの優勝。男子4×100mリレーは伏兵・イタリアが自国新の37秒50でこの種目初の金メダルに輝いた。イタリアはこれで今大会5つ目の金メダル。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com