月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

メダル目指し攻めたバトンでミスに涙 リレー侍の東京五輪幕切れ「国旗をこの舞台で揚げたかった」


写真/時事

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目イブニングセッション。地元開催でメダル獲得を目指した男子4×100mリレー決勝はまさかの結末が待っていた。

予選と同じく多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)のオーダーで臨んだ日本。予選の結果から、苦戦は必至。攻めるしかなかった。

9レーンからスタート。多田が抜群のスタートを見せて爆走。吹っ切れた走りで予選よりも加速する。これは……そう思った矢先、山縣とのバトンが遠い。多田が食らいついて渡そうとし、山縣もなんとか耐えようとする。だが、つながらなかった。バトンパスを完了しなければいけないテイクオーバーゾーンでつながらず。

リオ五輪銀メダルから金メダルを目指してきた5年の挑戦は、誰も予想していなかった結末で幕を閉じた。

「バトンミスをした原因はわからないが、また見直して改善したい」と多田は声を絞り出した。山縣は「目標を達成するために攻めのバトンでいった。勝負した結果」と表情を変えられない。走れなかった桐生と小池は涙をこらえきれなかった。

「本当に優勝を目指していくには攻めたバトンで。仕方ないところもあるかもしれないが、これを無駄にしないように。失敗したからといって守りに入るのではなく、攻めていった。いつか金メダルを達成できるように頑張りたい」

小池はしばらくの沈黙のあと、こう紡いだ。

リレーにすべてを懸けてきた桐生は「僕が予選からもっと速く走っていれば、多田と山縣さんに余裕を持ってもらえた」と言う。高校時代から常にそうだった。リレーは自分が引っ張る。その強い決意があった。

「東京五輪を目指してきたこれまで(支えてくださった人に)感謝したい。走れていない人もいる。陣地に戻ってありがとうございますと伝えたい」

桐生はうなだれる多田と山縣の元に駆け寄り、仕方ない、と背中を押した。そして、自ら100mの代表を逃し、中国をはじめ他国の躍進を目にしたからこそ、第一人者として続けた。

「世界とは個人でもリレーでも離されている。記録でも結果でもそれは明らか」。インタビューに応える後ろでは歓喜に浸るライバルたちがいる。「後ろがうらやましいです。この舞台で日本の国旗を揚げたかった。トップで走れるように戻ってきたい」。桐生の覚悟だった。

キャプテンシーを発揮した最年長の山縣は「これもスポーツ」だと言った。5年前の歓喜、そして今回の悔しさ。そこまでの過程の苦しさもうれしさも含めて、スポーツなのだ、と。

個人での惨敗もあり、桐生が言うようにもっと進化しなければならないのは確か。シドニー五輪から続けてきた連続入賞が止まった。だが、1996年アトランタ五輪で失敗してから、その悔しさをバネに日本のリレーは2000年からファイナルを続けてきた。

彼らなら、またやってくれる。そう信じる人がたくさんいることは、心に届いているはずだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com