月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

北口榛花 女子やり投57年ぶり決勝も脇腹痛で本来の投げできず「強くなって戻ってきます」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技8日目

陸上競技8日目イブニングセッション、女子やり投決勝に57年ぶりに進んだ北口榛花(JAL)が登場した。

予選1回目で62m06を投げていた北口。だが、決勝では1回目53m45と明らかに本来の投げができず。2回目も飛距離がでずにファウルとし、3回目に55m42を投げて終戦。12位だった。

「予選の時からいろんなところが痛くて、でも、コーチとドクターにしか言えず、両親にも黙っていて……」と涙。左脇腹など、「あっちが痛い、こっちが痛い」状態だったという。痛み止めを飲んで「だましだまし」で、予選後は走ることもできないほど。それでも地元開催となる五輪の決勝のピットに立ったのは意地だった。

アクシデントに泣いたが、この種目で立派な57年ぶり決勝。「自分が歴史を変えることで、自分の未来も変わると思っていました。もう少し変えたかったです」

トレードマークの笑顔は次までおあずけ。

「もっと強くなって帰ってきます」

北口榛花が女子投てきの歴史を動かす日は、必ず来る。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com