月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪競歩代表が決戦の地・北海道に集結!金メダルを狙う山西「自分の流れに引き込みたい」


写真提供:日本陸上競技連盟/アフロスポーツ

東京五輪の競歩代表選手が7月24日、公開練習とオンライン取材に応じた。

競歩の日本代表9選手(男子20km、同50km、女子20kmいずれも3人ずつ)は、前日の23日までに最終合宿地のある北海道・千歳に全員集合。翌日のこの日はロングウォークなどを公開した。

日本陸連の今村文男・オリンピック強化コーチは種目ごとにレースを展望。20kmは最初に2019年ドーハ世界選手権金メダリストの山西利和(愛知製鋼)の名を挙げ、「山西君を中心に戦うことになる」と語った。

50kmはドーハ世界選手権優勝の鈴木雄介(富士通)がコンディション不良で代表を辞退したものの、戦力は充実している。今村コーチは「全員入賞が理想」とした上で、2レース連続で3時間40分を切っている丸尾知司(愛知製鋼)が主導権を握る展開を予想。「彼を中心にレースが進んでいくのでは」とみている。

また、女子20kmは岡田久美子(ビックカメラ)と藤井菜々子(エディオン)のドーハ世界選手権入賞コンビ(岡田6位、藤井7位)について、「非常に落ち着いて安心して見ていられる。入賞ラインで戦えるのではないか」と話していた。

山西は「金メダルをターゲットにずっとやってきた。レースまで残りの日数をみて、これからはやれることを一つひとつやっていく」と、ドーハに続く国際大会2大会連続の世界一に強い意欲を示した。レースについてのイメージについて、「調子の良い選手をうまくマークしながら、さまざまなパターンに対応して、自分の流れに引き込みたい」と主導権を握る姿勢を見せ、「涼しければ自力を出しやすいし、湿気や暑さがあっても得意な展開にしたい」と意気込んだ。

丸尾も「金メダルがターゲット。自分の力を最大限発揮できるようにがんばりたい」と決意表明。午前5時半にスタートするレースを踏まえ、「気温が上がってくるけど、そこでペースアップできるようにしたい」と話していた。さらに、そのためのポイントとしては30kmを挙げ「そこで余裕度が高ければ問題はない。メダルかさらにいいものにつながる」と力を込めた。

女子20kmで前回のリオ大会に続く2大会連続五輪代表となる岡田は「入賞を目標に全力を尽くす。暑くなればメダルにも挑戦したい」と語り、ドーハ世界選手権以上の成績も視野に入れている。それだけ本番までの練習が順調だったようで「自信になっている調子も良くなっていて楽しみ」と心待ちにしている様子だった。

また、藤井は「この舞台に立てることに感謝して上位入賞を目指したい」と抱負を語った。レースは夕方に行われ、気温が高いことが予想されており「牽制して私には有利かなと思う。ドーハのように先頭集団から落ちてくる選手を拾ってくるだけでなく、それよりも前に行く積極的なレースをしていきたい」と飛躍を誓った。

レースはいずれも北海道札幌市の大通公園で行われ、8月5日16時30分から男子20km、翌6日午前5時30分から男子50km、同日16時30分から女子20kmがそれぞれスタートする。

■その他の五輪代表選手の意気込み
◎男子20km
池田向希(旭化成)
「ラスト5kmが勝負。スタミナ、スピード、フィジカルを軸に取り組んできた。自分のやりたいレースを体現したい」

高橋英輝(富士通)
「いい準備ができてきた。日本選手やスペイン、中国、南米の選手と争うが、しっかり把握して俯瞰的にレースを進めたい」

◎男子50km
川野将虎(旭化成)
「金メダルを目標にしっかり調整していくことが責務。特定の選手をマークするのではなくレースの動きで判断していきたい」

勝木隼人(自衛隊体育学校)
「入賞を目標にやっていきたい。暑さ対策は知り尽くしているし、対処する能力もある。しっかり準備していきたい」

◎女子20km
河添香織(自衛隊体育学校)
「自分で決めたタイムを目指し、それで順位がついてくればいい。代表が決まって喜んでくれた人に元気な姿を見せたい」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com