HOME ニュース、国内

2019.04.26

IAAF世界リレー 日本代表が発表 桐生祥秀、山縣亮太らが選出
IAAF世界リレー 日本代表が発表 桐生祥秀、山縣亮太らが選出

日本の〝お家芸〟といえる4×100mリレー。初の世界一なるか(写真は昨年のアジア大会)

 5月11、12日に、横浜国際総合競技場で開催される、IAAF世界リレー2019横浜大会の代表選手が決定。2016年リオ五輪で銀メダルを獲得している男子4×100mリレーには、先のアジア選手権で金メダルを獲得した桐生祥秀(日本生命)や、山縣亮太(セイコー)らが順当に選ばれた。

日本の〝お家芸〟といえる4×100mリレー。初の世界一なるか(写真は昨年のアジア大会)

 世界リレーは2014年に新設され、15、17年とバハマ・ナッソーで開催。今回、初めて日本開催となる。リレーに特化した国際大会で、世界の強豪国が一堂に会し、熱戦が繰り広げられる。
 4×100mリレー、4×400mリレーは、今大会で入賞すれば、秋のドーハ世界選手権の出場権を獲得。その世界選手権で入賞を果たせば、2020年東京五輪の出場が決まるため、世界リレーは重要な大会となる。

桐生の3走を、朝原氏も「世界トップレベル」と太鼓判を押す

桐生、小池と、大会アンバサダーを務めるレジェンドたちが集結。当日は08年北京五輪のメダルセレモニーも開催予定だ

 日本代表は、日本陸連の尾縣貢専務理事、麻場一徳強化委員長、山崎一彦ディレクターから発表。尾縣専務理事は「日本陸連が総力を尽くして取り組んできた大会。2020年につながる大会で、強化としても大きな意義がある。日本人にとってリレーは馴染みが深いので、リレーの醍醐味を味わってほしい」と話した。
 会見後のトークセッションには、桐生、小池祐貴(住友電工)のほかに、国内アンバサダーを務める08年北京五輪4×100mリレーメダリストから、朝原宣治氏、末續慎吾、塚原直貴の3名が登壇し、大会の見どころなどを紹介。桐生は「現場ではスピード感を、テレビでは細かなバトンパスなど技術を見てほしい」と語った。
 オリンピックなどで行われる4×100mリレー、4×400mリレーのほかに、4×200mリレー、2×2×400mリレー、シャトルハードル(110mハードルを男女各2名)など、普段はなかなか見ることができない種目も見どころの1つ。大会はTBS系列で生中継される。

【世界リレー日本代表】
■男子
4×100mリレー
山縣亮太(セイコー)
桐生祥秀(日本生命)
小池祐貴(住友電工)
白石黄良々(セレスポ)
多田修平(住友電工)
宮本大輔(東洋大)

■男子4×200mリレー
白石黄良々(セレスポ)
永田駿斗(住友電工)
田村朋也(住友電工)
藤光謙司(ゼンリン)
飯塚翔太(ミズノ)
ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)

■男子4×400mリレー
ウォルシュ・ジュリアン(富士通)
伊東利来也(早大)
北谷直輝(東海大)
井本佳伸(東海大)
田村朋也(住友電工)
山下 潤(筑波大)

■女子4×100mリレー
壹岐いちこ(立命大)
山田美来(日体大)
青野朱李(山梨学大)
三宅奈緒香(住友電工)
山中日菜美(デンソー)
世古 和(CRANE)

■女子4×200mリレー
藤沢沙也加(セレスポ)
土井杏南(JAL)
兒玉芽生(福岡大)
福田真衣(日体大)
山中日菜美(デンソー)
世古 和(CRANE)

■女子4×400mリレー
広沢真愛(日体大)
青山聖佳(大阪成蹊AC)
岩田優奈(中大)
武石この実(東邦銀行)
稲岡真由(RUN JOURNEY)
松本奈菜子(東邦銀行)

■男女混合4×400mリレー
佐藤拳太郎(富士通)
堀井浩介(住友電工)
若林康太(駿河台大)
藤沢沙也加(セレスポ)
稲岡真由(RUN JOURNEY)
小林茉由(茨城陸協)

■男女混合シャトルハードルリレー
高山峻野(ゼンリン)
金井大旺(ミズノ)
木村文子(エディオン)
青木益未(七十七銀行)

■男女混合2×2×400mリレー
川元 奨(スズキ浜松AC)
クレイ・アーロン竜波(相洋高)
北村 夢(エディオン)
塩見綾乃(立命大)

 5月11、12日に、横浜国際総合競技場で開催される、IAAF世界リレー2019横浜大会の代表選手が決定。2016年リオ五輪で銀メダルを獲得している男子4×100mリレーには、先のアジア選手権で金メダルを獲得した桐生祥秀(日本生命)や、山縣亮太(セイコー)らが順当に選ばれた。 [caption id="attachment_3385" align="aligncenter" width="500"] 日本の〝お家芸〟といえる4×100mリレー。初の世界一なるか(写真は昨年のアジア大会)[/caption]  世界リレーは2014年に新設され、15、17年とバハマ・ナッソーで開催。今回、初めて日本開催となる。リレーに特化した国際大会で、世界の強豪国が一堂に会し、熱戦が繰り広げられる。  4×100mリレー、4×400mリレーは、今大会で入賞すれば、秋のドーハ世界選手権の出場権を獲得。その世界選手権で入賞を果たせば、2020年東京五輪の出場が決まるため、世界リレーは重要な大会となる。 [caption id="attachment_3386" align="alignleft" width="200"] 桐生の3走を、朝原氏も「世界トップレベル」と太鼓判を押す[/caption] [caption id="attachment_3387" align="aligncenter" width="234"] 桐生、小池と、大会アンバサダーを務めるレジェンドたちが集結。当日は08年北京五輪のメダルセレモニーも開催予定だ[/caption]  日本代表は、日本陸連の尾縣貢専務理事、麻場一徳強化委員長、山崎一彦ディレクターから発表。尾縣専務理事は「日本陸連が総力を尽くして取り組んできた大会。2020年につながる大会で、強化としても大きな意義がある。日本人にとってリレーは馴染みが深いので、リレーの醍醐味を味わってほしい」と話した。  会見後のトークセッションには、桐生、小池祐貴(住友電工)のほかに、国内アンバサダーを務める08年北京五輪4×100mリレーメダリストから、朝原宣治氏、末續慎吾、塚原直貴の3名が登壇し、大会の見どころなどを紹介。桐生は「現場ではスピード感を、テレビでは細かなバトンパスなど技術を見てほしい」と語った。  オリンピックなどで行われる4×100mリレー、4×400mリレーのほかに、4×200mリレー、2×2×400mリレー、シャトルハードル(110mハードルを男女各2名)など、普段はなかなか見ることができない種目も見どころの1つ。大会はTBS系列で生中継される。 【世界リレー日本代表】 ■男子 4×100mリレー 山縣亮太(セイコー) 桐生祥秀(日本生命) 小池祐貴(住友電工) 白石黄良々(セレスポ) 多田修平(住友電工) 宮本大輔(東洋大) ■男子4×200mリレー 白石黄良々(セレスポ) 永田駿斗(住友電工) 田村朋也(住友電工) 藤光謙司(ゼンリン) 飯塚翔太(ミズノ) ケンブリッジ飛鳥(ナイキ) ■男子4×400mリレー ウォルシュ・ジュリアン(富士通) 伊東利来也(早大) 北谷直輝(東海大) 井本佳伸(東海大) 田村朋也(住友電工) 山下 潤(筑波大) ■女子4×100mリレー 壹岐いちこ(立命大) 山田美来(日体大) 青野朱李(山梨学大) 三宅奈緒香(住友電工) 山中日菜美(デンソー) 世古 和(CRANE) ■女子4×200mリレー 藤沢沙也加(セレスポ) 土井杏南(JAL) 兒玉芽生(福岡大) 福田真衣(日体大) 山中日菜美(デンソー) 世古 和(CRANE) ■女子4×400mリレー 広沢真愛(日体大) 青山聖佳(大阪成蹊AC) 岩田優奈(中大) 武石この実(東邦銀行) 稲岡真由(RUN JOURNEY) 松本奈菜子(東邦銀行) ■男女混合4×400mリレー 佐藤拳太郎(富士通) 堀井浩介(住友電工) 若林康太(駿河台大) 藤沢沙也加(セレスポ) 稲岡真由(RUN JOURNEY) 小林茉由(茨城陸協) ■男女混合シャトルハードルリレー 高山峻野(ゼンリン) 金井大旺(ミズノ) 木村文子(エディオン) 青木益未(七十七銀行) ■男女混合2×2×400mリレー 川元 奨(スズキ浜松AC) クレイ・アーロン竜波(相洋高) 北村 夢(エディオン) 塩見綾乃(立命大)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top