月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

実業団のアスリートオブザイヤー新谷仁美 最優秀チームに女子駅伝連覇のJP日本郵政G


日本実業団連合は2020年度の「実業団 of The Year」の受賞者を発表。年間最優秀選手に当たるAthlete of The Year賞に女子10000m東京五輪代表の新谷仁美(積水化学)が選出された。

新谷は全日本実業団対抗の女子5000mを大会新となる14分55秒83で優勝し、日本選手権10000mは日本記録(30分20秒44)で優勝して五輪代表に内定。全日本実業団対抗女子駅伝、同予選会での好走が評価された。

また特別賞には男子マラソン日本記録の鈴木健吾(富士通)が選ばれたほか、優秀選手賞の「Finalistアスリート賞」に、競歩の山西利和(愛知製鋼)、ハードルの金井大旺(ミズノ)、長距離の相澤晃(旭化成)、走高跳の真野友博(九電工)が選出されている。

最優秀チームに贈られる「Team of The Year賞」には全日本実業団対抗女子駅伝で史上3チーム目となる連覇を達成したJP日本郵政グループが選ばれた。コロナ禍にあって小、中、高を対象にした運動指導や講演会、医療従事者支援など積極的な活動をした新潟アルビレックスRCには「社会貢献賞」が贈られた。

■2020年度実業団 of The Year受賞者
【社会貢献賞】
新潟アルビレックスRC
【チーム賞】
・Team of The Year賞 JP日本郵政グループ
・Finalistチーム賞 東邦銀行、富士通
【個人賞】
・Athlete of The Year賞 新谷仁美(積水化学)
・特別賞 鈴木健吾(富士通)
・Finalistアスリート賞
山西利和(愛知製鋼)、金井大旺(ミズノ)、相澤晃(旭化成)、真野友博(九電工)
・U23アスリート賞
廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)、伊藤達彦(Honda)
・Coach of The Year賞
福嶋正(富士通)
●「Project PROCEED」(日本記録褒賞)
新谷仁美、相澤晃、伊藤達彦、田村和希(住友電工)、高橋英輝(富士通)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com