月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表入りを懸けた静岡決戦、伊藤達彦、田村和希、鍋島莉奈らがエントリー/日本選手権10000m


日本陸連は4月19日、東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権10000m(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリー選手を発表。男子は前回2位、3位の伊藤達彦(Honda)、田村和希(住友電工)ら51名、女子は2年ぶりの優勝を目指す鍋島莉奈と廣中璃梨佳の日本郵政グループコンビ、前回3位の佐藤早也伽(積水化学)ら28名が登録した。

10000mは昨年の日本選手権で男子は相澤晃(旭化成)、女子は新谷仁美(積水化学)が東京五輪代表に内定。今大会では、五輪参加標準記録突破者で3位以内に入った選手から最大で2名が内定となる。参加標準記録は男子が27分28秒00、女子は31分25秒00。

男子は前回大会ですでに標準突破となる27分25秒73をマークした伊藤は、代表選考において優位な立場。前回大会で27分28秒92と、わずかに標準記録に届かなかった田村は、今大会で代表内定をつかむためには他の選手たちと同様に標準記録突破と順位の両方を求められる。

前回入賞の河合代二(トーエネック)、 鎧坂哲哉(旭化成)、佐藤悠基(SGHグループ)、田澤廉(駒大)らを中心に、今年もハイレベルの争いとなりそうだ。なお、男子は2組タイムレースで行われる。前回優勝で東京五輪代表に内定した相澤晃(旭化成)はエントリーしなかった。

女子も出場を予定していた前回チャンピオンで五輪代表の新谷仁美(積水化学)がエントリーせず、優勝争いは混とんとしそう。4月10日の金栗記念選抜中長距離大会で初10000mながら31分30秒03をマークした廣中の参戦で、鍋島との〝チーム戦〟が展開できる日本郵政グループ勢が軸となるか。佐藤は3月14日の名古屋ウィメンズマラソンで2位(2時間24分32秒)と地力をつけている。

矢田みくに(デンソー)、萩原歩美(豊田自動織機)、筒井咲帆(ヤマダホールディングス)、安藤友香(ワコール)らがエントリーし、39歳のベテラン・福士加代子(ワコール)も名を連ねた。

◇日本選手権10000m
2021年5月3日(月・祝)/静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアム
タイムテーブルは後日発表



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com