月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

世界リレー大会に37ヵ国が出場、リオ五輪女子短距離2冠のトンプソンらがエントリー


ポーランド・シレジアで5月1日、2日に開催される世界リレーの最終エントリーが世界陸連から発表された。37ヵ国から各種目で計127のチームが出場する。

各国から有力選手が派遣される予定。2016年リオ五輪男子100m5位のA.シンビネ(南アフリカ)は4×100mに、リオ五輪で女子100m、200m2冠のE.トンプソン(ジャマイカ)は4×100mと4×200mにエントリーしている。

日本は男子の4×100mと4×400m、女子の4×100mと4×400mに加え、男女混合4×400mにもエントリー。代表選手は4月14日に発表されている。

前回2019年の横浜大会で5つの金メダルを獲得した米国は、今大会にはエントリーしていない。新型コロナウイルスの感染状況や、東京五輪の全米トライアルに向けた調整が理由とみられている。

そのほかオーストラリアが不出場。新型コロナの感染状況から、今大会には選手を派遣しないことを4月上旬に発表している。

タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com