月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子400mは松本奈菜子がトップ!青山聖佳は200m23秒台でマイルに弾み/世界リレートライアル


◇シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル(3月28日/宮崎・ひなた陸上競技場)

世界リレー選手権(5月1日、2日/ポーランド)に向けての代表選考レース、女子400mはタイムレース決勝(全2組)で行われ、松本奈菜子(東邦銀行)が54秒23(2組)で全体トップだった。

昨年の女子400m2位の松本はこれが初戦。「内容は悪くなかったですが、タイムが全然(ダメ)」と渋い表情を浮かべる。「後半を意識し過ぎて、前半の入りがまったりしてしまった」というのが反省材料だが、「後半にしっかり上げられた」のは収穫だった。「53秒前半から中盤は出したかった」と言うように、冬季もケガなく積めて、調子が良かったという松本。「もう少し1周走る感覚があれば」と初戦ということでレース勘が足りていない様子だった。

4月10日の出雲陸上での4×400mリレーの代表入りが濃厚だが、「この記録ではダメ」と松本。「個人の結果を出して、代表チームにどれだけ還元できるか。自己記録を出せるように頑張りたい」と話した。

400mタイムレース総合2位には小林茉由(J.VIC/1組)が54秒31で入り、3位に54秒95の高島咲季(青学大/2組)。

女子400mで日本選手権連覇中で、昨年は日本歴代2位となる52秒38をマークした青山聖佳(大阪成蹊AC)は200mに出場し、23秒95(-0.6)。大学1年だった2015年以来の23秒台をマークし、「全体的にまとめることができた」と充実感が漂う。

この冬は、これまで一つひとつ行っていた動き作りを、サーキットトレーニング形式で実施。体幹部分を作ってきた。加えて、出力を落とさずにやってきたことでスピードアップ。「400mに生かすための200m」としての取り組みが形になり、「自己ベストの23秒68を更新できれば、400mでも良いタイムが出そう」と計画的に強化できている手応えがある。

4×400mリレーは、世界リレーの参加標準記録(3分分31秒50)は突破できていないが、出場枠24のうち、現在は20番目に入っている。出雲陸上でのリレーについては「実施するかどうかは状況(ランキング)を見ながら」(山崎一彦・日本陸連強化委員会ディレクター)となる。女子リレープロジェクトのメンバーでもある青山、松本、高島らに加え、今回の選考会の結果から代表選手が選考される。世界リレーで入賞すれば、東京五輪の出場権を獲得する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com