HOME ニュース、国内

2021.03.28

青山華依が100m11秒56!高校歴代4位タイの快走V/世界リレートライアル
青山華依が100m11秒56!高校歴代4位タイの快走V/世界リレートライアル


◇シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル(3月28日/宮崎・ひなた陸上競技場)

世界リレー選手権(5月1日、2日/ポーランド)に向けての代表選考レース、女子100mは高校生が魅せた。決勝で鋭く抜け出した青山華依(大阪高3)が、高校歴代&U20日本歴代4位タイとなる11秒56(-0.4)の自己新でトップ。2位に齋藤愛美(大阪成蹊大)が11秒66で続き、石川優(相洋高3神奈川)が11秒71で続いた。

青山、石川、そして石堂陽奈(立命館慶祥高3北海道)の『高校女子スプリントトップ3』の中で、11秒5台がなかった青山がついに自己新で、仲良く同タイムで歴代にランクイン。「11秒5台が出てうれしいです」と笑顔が弾けた。つい10日前の大阪室内の60mでU20室内日本新となる7秒38をマークしていた青山。「室内で課題だったスタートの反応と、1歩目、2歩目を意識できていたので、それを発揮できた」と言う。後半は「少し落ちてしまった」と反省するが、「前半からスピードに乗れた」という会心のレースだった。

陸上経験者で、インターハイ優勝経験のある両親の元に生まれた青山。昨年は親子制覇を狙ったインターハイもコロナ禍で中止となり、相性の良い国体も延期、そして100mのベストが高2の11秒61から更新できずと、悔しい思いをしたシーズンだった。

それでも、冬は「長い距離を積んできたお陰で、後半まで落ちないで走れるようになったし、疲れにくくなりました」と充実の鍛錬期を過ごしてきた。これで4月10日に編成される出雲陸上の女子4×100mリレーメンバー入りにも大きく近づき、「代表になりたいという気持ちも少し出てきました」と言う。

春からは甲南大に進学し、元100m日本記録保持者の伊東浩司氏の師事を仰ぐ。そんな青山があこがれるのは和田麻希(ミズノ)と寺田明日香(パソナグループ)。「走りも含めて、全部がかっこいい」と言う。来る大学生活では、「高校記録は出せなかったので、学生記録(11秒32)の更新を目指していきたいです」と、新たな環境での目標を掲げた。

昨年100mで11秒35を出した兒玉芽生(福岡大)は女子100mと200mに出場。100m予選で12秒13(-3.3)を走ったあと、200mの途中で「少し右脚に違和感を覚えた」と流すかたちになって24秒50(-0.6)の5着。100m決勝は大事をとって棄権したが、「大きなケガなく順調に練習が積めている」とシーズンに向けては心配なさそう。

200mで日本選手権を制した鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は100m(予選12秒33/-3.3)と400m(56秒30)に出場。100mについては「まだスピードが上げ切れていない」と話した。400mは「100mと200mにつながるように出場した」とその意図を明かし、「最初からスピードに乗れず、ただただ疲れた」と苦笑い。

昨シーズンや今回のトライアルの結果を踏まえて代表を選考する4×100mリレーは、世界リレーの出場を目指して4月10日の出雲陸上でリレートライアルを実施。参加標準記録(43秒90)を突破する条件に「2ヵ国以上のレース」が必要なため、現在はインドネシア代表の派遣を交渉して、前向きに検討してくれているという。

■女子100m高校歴代・U20日本歴代5傑
11.43(1.8)土井杏南(埼玉栄2) 12年
11.46(1.4)御家瀬緑(恵庭北3) 19年
11.54(1.7)高橋萌木子(埼玉栄3) 06年
11.56(-0.1)石堂陽奈(立命館慶祥2) 19年
11.56(2.0)石川 優(相洋3) 20年
11.56(-0.4)青山華依(大阪3+) 21年

◇シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル(3月28日/宮崎・ひなた陸上競技場) 世界リレー選手権(5月1日、2日/ポーランド)に向けての代表選考レース、女子100mは高校生が魅せた。決勝で鋭く抜け出した青山華依(大阪高3)が、高校歴代&U20日本歴代4位タイとなる11秒56(-0.4)の自己新でトップ。2位に齋藤愛美(大阪成蹊大)が11秒66で続き、石川優(相洋高3神奈川)が11秒71で続いた。 青山、石川、そして石堂陽奈(立命館慶祥高3北海道)の『高校女子スプリントトップ3』の中で、11秒5台がなかった青山がついに自己新で、仲良く同タイムで歴代にランクイン。「11秒5台が出てうれしいです」と笑顔が弾けた。つい10日前の大阪室内の60mでU20室内日本新となる7秒38をマークしていた青山。「室内で課題だったスタートの反応と、1歩目、2歩目を意識できていたので、それを発揮できた」と言う。後半は「少し落ちてしまった」と反省するが、「前半からスピードに乗れた」という会心のレースだった。 陸上経験者で、インターハイ優勝経験のある両親の元に生まれた青山。昨年は親子制覇を狙ったインターハイもコロナ禍で中止となり、相性の良い国体も延期、そして100mのベストが高2の11秒61から更新できずと、悔しい思いをしたシーズンだった。 それでも、冬は「長い距離を積んできたお陰で、後半まで落ちないで走れるようになったし、疲れにくくなりました」と充実の鍛錬期を過ごしてきた。これで4月10日に編成される出雲陸上の女子4×100mリレーメンバー入りにも大きく近づき、「代表になりたいという気持ちも少し出てきました」と言う。 春からは甲南大に進学し、元100m日本記録保持者の伊東浩司氏の師事を仰ぐ。そんな青山があこがれるのは和田麻希(ミズノ)と寺田明日香(パソナグループ)。「走りも含めて、全部がかっこいい」と言う。来る大学生活では、「高校記録は出せなかったので、学生記録(11秒32)の更新を目指していきたいです」と、新たな環境での目標を掲げた。 昨年100mで11秒35を出した兒玉芽生(福岡大)は女子100mと200mに出場。100m予選で12秒13(-3.3)を走ったあと、200mの途中で「少し右脚に違和感を覚えた」と流すかたちになって24秒50(-0.6)の5着。100m決勝は大事をとって棄権したが、「大きなケガなく順調に練習が積めている」とシーズンに向けては心配なさそう。 200mで日本選手権を制した鶴田玲美(南九州ファミリーマート)は100m(予選12秒33/-3.3)と400m(56秒30)に出場。100mについては「まだスピードが上げ切れていない」と話した。400mは「100mと200mにつながるように出場した」とその意図を明かし、「最初からスピードに乗れず、ただただ疲れた」と苦笑い。 昨シーズンや今回のトライアルの結果を踏まえて代表を選考する4×100mリレーは、世界リレーの出場を目指して4月10日の出雲陸上でリレートライアルを実施。参加標準記録(43秒90)を突破する条件に「2ヵ国以上のレース」が必要なため、現在はインドネシア代表の派遣を交渉して、前向きに検討してくれているという。 ■女子100m高校歴代・U20日本歴代5傑 11.43(1.8)土井杏南(埼玉栄2) 12年 11.46(1.4)御家瀬緑(恵庭北3) 19年 11.54(1.7)高橋萌木子(埼玉栄3) 06年 11.56(-0.1)石堂陽奈(立命館慶祥2) 19年 11.56(2.0)石川 優(相洋3) 20年 11.56(-0.4)青山華依(大阪3+) 21年

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

NEWS 【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

2024.07.13

【男子100m】髙城昊紀(宮崎西高1) 10秒52=高1歴代6位タイ

7月13日、第48回宮崎県高校1年生大会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子100mで髙城昊紀(宮崎西高)が10秒52(+0.5)で優勝を果たした。 髙城のこれまでの100mベストは今月7日に出した1 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top