月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

名城大・小林成美 勝因は「ユニバに行きたいという気持ち」/第24回日本学生女子ハーフマラソン

◇第24回日本学生女子ハーフマラソン選手権(3月14日/東京・立川市・陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース)

2年前の前回大会を制し、同年のユニバーシアード覇者である大東大の鈴木優花(3年)がレースをけん引するなか、名城大の小林成美(2年)は先頭集団の後方で体力を温存していた。11時のスタート時で18℃近くまで上昇し、強風が吹き荒れる悪コンディション。「焦らず周りの流れに沿って走っていこうと思っていました」。

小林は10kmを通過しても鈴木を中心とした4人の先頭集団につかず、15km付近で集団が15人程度に拡大したところでようやく追いついた。そこから徐々にペースが上がり、残り3kmを過ぎて鈴木、小林、名城大の荒井優奈(2年)の3人の争いへ。そして最後の直線で小林と鈴木の一騎打ちになった。

「最後は気持ち」

わずかに小林が胸ひとつの差で先着し、1時間14分36秒の同タイムながら初優勝を飾った。

「ユニバーシアード(ワールドユニバーシティゲームズ)に行きたいという気持ちが勝てた要因だと思います。ずっとこのユニバの選考レースを目標にしてきて、練習をがんばってきましたから」(小林)

小林は長野東高で頭角を現し、全国高校駅伝では2年時からアンカーとして2年連続準優勝に貢献、3年時には全国都道府県対抗女子駅伝4区区間賞など主に駅伝で活躍した。名城大では1年時から駅伝メンバーとして全日本大学女子駅伝、全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)に出走し、昨年は7月に10000mで学生歴代8位の32分08秒67をマークするなどトラックでも実力をつけてきている。

3位に入ったチームメイトの荒井とともに挑むユニバでの目標は「優勝を目指したい」ときっぱり。4年間の大学生活も折り返しを迎え、新たな意気込みを口にした。

連覇を逃した鈴木は「最後の勝負のところで胸の差で負けてしまったのは自分の甘さ。最後のスパートで課題が残るレースでした」と反省を口にしつつ、「(ユニバの代表を)決めることが大前提の大会だったので、そこは1つ達成できたので良かった」と安堵の表情を見せた。

8月のユニバでは「一番は優勝すること。2連覇した方が今までにいないということなので、自分が新しく歴史を作りたい」と史上初の快挙に胸を高鳴らせていた。

■日本学生女子ハーフ
1位 小林成美(名城大2) 1.14.36
2位 鈴木優花(大東大3) 1.14.36
3位 荒井優奈(名城大2) 1.14.45
4位 矢尾桃子(関西外大2)1.15.14
5位 黒田 澪(日体大2) 1.15.22
6位 小松優衣(松山大2) 1.15.24
7位 高橋ひより(東農大3)1.15.52
8位 北川星瑠(大阪芸大1)1.16.00

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com