月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

悪条件でも強さを発揮した松田瑞生「1人になっても粘れた」/名古屋ウィメンズマラソン


◇名古屋ウィメンズマラソン(3月14日/愛知県名古屋市・バンテリンドーム ナゴヤ発着)

名古屋市内に時折強い風が吹き荒れる中、松田瑞生(ダイハツ)は日本歴代7位の自己記録(2時間21分47秒)にあと4秒に迫る2時間21分51秒で優勝した。

レース直後の山中美和子監督と抱き合いながら涙を見せた松田。「うれし涙を監督と流したかったんですけど、ちょっとまだ自分の実力が足りず、まだまだ邁進していかないといけないなって感じました」と話し、涙は悔しさを表すものだった。

序盤は事前に設定されたペースを上回る展開だった。第1集団は1km3分20~21秒で30kmまでペースメーカーが先導する予定だったが、1kmあたり3分16~17秒を刻むことも。時折風を受けながら5km16分34秒、10km33分02秒というのは松田の体感的にも想定以上だった。「ペースメーカーがどんどんどんどん前に早くなっていったので、下がってほしくてペースメーカーの名前を呼んでいました」と松田。そのスピードに対応する選手は限られ、13km時点では松田と、佐藤早也伽(積水化学)の2人に絞られた。

その後も風を受けながら5km17分を切るペースで進み、ハーフは1時間10分23秒で通過。佐藤が23km手前で脱落する。30kmでペースメーカーが外れ、ここからは松田の独走となった。

「前半の早いペースでエネルギーを使ってしまい、30kmでは余力はあまりない状態でした。最後まできつくて1km、1kmが長かったです」。35kmまでの5kmは17分02秒とこの日初めて17分を越えたが、次の5kmは16分59秒に戻す。風に苦しみながらも力強いフォームは最後まで変わらず走りきった。「30km以降、1人になって粘りきれた」と松田。マラソン5戦目にして3勝目を挙げた。

昨年は東京五輪代表を逃し、補欠として出席した昨年3月のマラソン代表会見では涙を流した松田。その後もショックから簡単には立ち直れなかった。「スタートラインに立つことさえ怖かった」と言う。それでも、「負けて知る悔しさがすごくありました。励ましのメッセージがすごく多かったので、たくさんの人に元気を与えたいと思いました」と奮起を誓って初の名古屋に挑んだ。

日本選手権10000mで2017、18年の2連覇や、初マラソンとなった18年の大阪国際女子で初マラソン日本歴代3位の2時間22分44秒での優勝と実績を重ねてきた。そんな松田を支えるのが、走ることへの貪欲な姿勢。今大会に向けたトレーニングでは、昨秋の駅伝で腰を痛めたことや、例年行っている海外での高地合宿ができなかったものの、「やることはやってきて、後悔はないと思ってスタートラインに立った」と言うほど、準備はしてきた。「元々プラスアルファの練習をする選手。もういいよって言うぐらい走る」と山中監督。メニューでは月間900kmだったが、さらに本人がプラスして走り込んできたという。また、新シューズにも対応できる身体作りにも取り組んできた。

山中監督は「本人はいろんな意味で負けたと泣いていましたが、私としては風の中であれだけ走れたと思います。いろんな方から、強いというコメントをいただいて、それが彼女の持ち味。それが一番の成果です」と教え子の快走を称えた。

■名古屋ウィメンズマラソン
1位 松田 瑞生(ダイハツ) 2時間21分51秒
2位 佐藤早也伽(積水化学) 2時間24分32秒
3位 松下 菜摘(天満屋)  2時間26分26秒
4位 和久 夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 2時間26分30秒
5位 田中 華絵(資生堂)  2時間26分49秒
6位 赤坂よもぎ(スターツ) 2時間26分51秒
7位 上杉 真穂(スターツ) 2時間27分03秒
8位 加藤  岬(九電工)  2時間27分20秒
9位 池田 千晴(日立)   2時間27分39秒
10位 福良 郁美(大塚製薬) 2時間28分31秒

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com